読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなた以外は風景になる

その人以外見えなくなった時のことを書いておきたい

三時間の遺書 GOMESSワンマンライブat代官山LOOP

本日は予定を変更して、GOMESSワンマンライブの感想。

スマホで書きなぐった、推敲ほぼなし感情とって出しブログ。時間もないし。もう、お風呂入って寝ないとだし・・・。

 

自閉症のラッパー。

TLで話題になっていたし、彼が紹介されたTV番組を見て興味を持った。

このひと月位で4回ほど彼のステージを見て、とても気になったのでワンマンに行くことにきめた。

チケットの番号がよく、勝手がわからないステージではあったけど、遠慮なく目の前でステージを見守らせてもらった。

最初、少し押して出てきて、マイクを通した息遣いがとても辛そうで、大丈夫かなと若干心配になった。本人も少しあせっているようだった。

 

今日の二時間のライブで、ひとつでも言葉を持って帰ってくれ。

このライブは遺書だ。二時間の俺の遺書だ。

 

 今まで40分くらいが最長のライブと聞いていたので、予想外に長い予告にびっくりしながらも、言葉を受け止める覚悟を決める。

GOMESSのラップはほぼフリースタイルだし、MCもフリースタイルのようにずっと言葉を紡いでいく。

だから、2時間やるというなら、観客も2時間言葉の弾丸を浴び続ける覚悟を決めなくてはいけない

どうなるんだろう。予想が全くつかないまま、ライブがはじまった。

曲ごとにいろんなゲストが登場し、変化のあるステージで飽きない。

特にピアノをバックに歌ったのがすごくよくて…染みた。

タイトルとか覚えていないけど、そんなのどうでもいいくらい夢中になった。

友人がカウントしたところによると、今日披露したのは25曲…。っておい!それ、絶対2時間で終わんないでしょ…(笑)

剥き出しの言葉で、何度も「嘘はつきたくない、隠し事はしたくない」と繰り返す。

こんなに、剥き出しの感情をそのままフリースタイルでぶつけてくるのに、何をこれ以上隠しているのか。何故、隠し事をするのをそんなに恐れるのか。

繰り返される「嘘はつきたくない、隠し事はしたくない」を耳にする度に、私もまた同じ疑問を持つ。

自分でもコントロール出来かねるくらい激しく言葉を吐き出して、その吐き出した言葉を追いかけるように感情が募っていき、更にまた剥き出しの気持ちを重ねて…。

でも、曲の合間に、慣れない段取りに照れた笑いを見せたりして……。なんなんだ、そこだけ見たら普通の二十歳の男の子。

このギャップが繰り返される度に、もう、目の前のGOMESSくんしか見えなくなった。

唾と言葉を吐き出しながら、裸足でステージに立つ姿しか見えなくなる瞬間が、絶えず吐き出される言葉すら素通りしてその表情だけを必死に追いかけている自分に気づいた。

言葉が武器な彼だけれど、それ以上にたたずまいや表情が雄弁だった。

アンコールでは、「人間失格」を作ったお友達のが登場し、彼のDJで「人間失格」を披露。これもすごくよかった・・・GOMESS君の辛い時期を支えてくれた大事な友人と、初めてのワンマンのステージを彩れたこと、とても嬉しそうで「この曲を今日初めて笑って歌う!」という宣言が凄く頼もしかった。

もうひとつ、バックDJを務めた人が実はGOMESSくんのファンで、そこから友達になって、DJ経験もない彼にお願いして・・・という経緯を語った。彼の言葉が凄く響いた「自分はずっと客席からGOMESSを見てきた。バックを任されることで、その表情が見えなくなるのはとても哀しい。でも、このGOMESS君の姿勢の悪い背中がどんどん大きくなっていくのを見れるのは自分だけ」なんて

そういって、最後曲中に鼻を赤くしてこすっていたのを見てしまい、私も鼻をこすった。

生きているのが辛くて、苦しくて、それをRAPにして、吐き出して、そんな彼が最後にマイクではなく肉声で叫んだ。

 

生きていてよかった

 

今回、これ以上の最高のエンディングなんてない。

黄色いライトに照らされて、最後の2曲は癒しの2曲だった。

こんなきもちで、ライブの終わりを迎えることになるなんて想像もしなかったし、まさか3時間半もやってるなんて思わなかった。

でも、本当にいい夜だった。

ありがとう、おやすみ。いい夢を見てください。