あなた以外は風景になる

その人以外見えなくなった時のことを書いておきたい

2015年12月7日 「T-GROOVE」スペシャルライブ

(下書きに途中で残っていたイベントメモ)

 

出演アーティストのCDを購入時にハガキが貰え、抽選に応募できるという言ってしまえば合同の販促イベント。

でもそれにしたってここにリリスクが呼んで貰えるのはなかなか凄いことだなあと思っていた。

しかしなかなかに先のことで応募するのも存在すらも忘れていたのだけど、急遽サナバガンがオープニングアクトとして参加すると決まったのでメジャーを買い増しして応募した。


このイベントの倍率がどんなものかわからなかったけど、現時点で追加ということはまあ当たるのではないかという目論見もあり。それが功を奏してか当選。これ、応募して外れた人はいないのでは?


とりあえずなんとかして開演間に合って、オープニングアクトから見れました。


わたしが見たいのは最初の二組と最後のRHYMESTERというタイテでしたが、イベント通じて楽しかった。
アイドルのおたくはCD積むのが日常だし、どう考えてもアウェイな場所なので助ける使命を感じたおたくたちが多く、早い時間でもかなりの顔見知りが居た。
サナバはどうかなあ?と思っていたけど、やはりサナバを見にきた!って感じの人は少なかった。
ただメンバーが出てきて楽器を鳴らし始めたらおっ、という空気になった。他に生バンド居ないしね。


テーマがおわったら、不意につかさくんが前に出てきた。これもまたえっ?みたいな空気があった。知ってる人はいつもの光景だけど、知らない人は『なんでまたMC増えんの』だよなあ(笑)で、真顔で三人がリズムを刻みだすのでそりゃあね、でもデパ地下めっちゃかっこいいので、手を上げないまでも体を揺らしだす人ちらほら出てきた。

居酒屋JAZZはがらっとまたかわって、タイトルどおりジャズボーカルがメインになるから、やはり耳目を集めるのに長けてるよなあってしみじみ。

最後は「人間」で賑やかに〆。ノリのいい観客はちゃんとコール&レスポンスしてた。

終わってから顔見知りのリリスクヘッズたちに「見たよサナバ!」「かっこよかったね」って声かけてもらえて俺歓喜

好き好きといってみるものだと思う。