読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなた以外は風景になる

その人以外見えなくなった時のことを書いておきたい

4

感情を吐き出すことを許しそれを毎日義務づけると、逆にささくれた気持ちは落ち着くこともある。

のだと、今回これで気づいた。

 

経緯↓


来年、生まれて初めて推しが卒業します - あなた以外は風景になる

 

いや、かといって私の気持ちが平らになったわけではない。ずっと哀しいしさみしいしやりきれない気持ちが消えなくて、心がずっと重くて何かに捕らわれているのは変わらない。けれど、始める前の『もうどうしようもないことに捕らわれて徹頭徹尾どうしようもなくて空き容量全てが辛くてどうしようもない感じ』からは抜け出しつつあるのは確か。この短い間に三回も「どうしようもない」って入れてしまうくらいどうしようもない。

 

感情を癒してくれるのは時間しかないと思うけど、ある程度は無理矢理公衆の場へ吐き出すことを自分に義務づけると言うのは有効なのかもしれない。

自分はこれがツイッターじゃダメだった。とりとめがなくてもまとめて目の前へ突き出し、文章にして何度でも目にすることで自分の感情を確認し考えることは、気持ちを落ち着かせ慰めにもなるのだと知った。今後このライフハックを活かして生きていきます。

 

とはいえ、その日まで毎日自分の気持ちを綴ろうと決めたので、だらだらと最後まで続けるつもりではある。

薬と同じで、効果が見えたからといって途中でやめない方がいい気がする。

 

自分で自分の感情をコントロールする術がある人は強い。羨ましい。私には足りないものだ。これでも身に付けてきた方だと思うが、人と比べたら矮小な許容範囲に気づき嫌になる。

ただでさえ現実が辛いのに、自分の不出来まで考えてたら良くなるわけがない。

 

このもやもや・ウツウツとした気持ちを物理的に改善する方法もあるというのを最近知った。ツイッターで。ツイッターすごい。ツイッター大好き。ツイ廃でよかったー!!

すごいからここで紹介したい。

 

それは、

【肝臓にカイロを貼る】というもの。

 

用意するもの、使い捨てカイロ。小さくても充分。

それを肝臓の上にぺたっと貼る。

以上。それだけ。

 

肝臓の位置なんて考えたことなかったけど、体の右側、肋骨の下。背中側に貼ります。

ここで詳しくわかります。ご参考にどうぞ。

http://blue-cat87.click/kanzou-1/

 

死にたいくらい鬱なときも、これで大分楽になる。

肝臓を温めると温かい血が全身をうまく巡るらしく、そうすると人間の落ち込んだ気持ちを和らげてくれる…なるほど、人間も動物だもんな。物理的に感情を和らげることが出来るのはありがたい体の機能である。

 

騙されたと思ってもやもやしたときに試して欲しい。死にそうなくらい辛いときにこそ試して欲しいけど、そんなときにこれは思い出せないと思うから、とりあえずもやもやくらいのときに試してみて、効果を感じで本当に死にそうな時に備えて欲しい。

 

若いときは感情を理性でコントロールするのが人間だろって思ってたけど、理性で無理なときもあるんだよ、人間だもの。自分で自分を労らなきゃ誰がやってくれるのか。

肝臓を温めながら、また悩みや辛さや苦しみへ、正体がわからないもやもやへ向かって目をそらさない強さを持って生きる方がかっこいいと思う。

 

おばあちゃんの知恵袋更新でした。