あなた以外は風景になる

その人以外見えなくなった時のことを書き留めたい

極私的「同人女の感情」のようなもの

これは『女子アイドルとバンドのおたくがコロナ禍で突然数年前のアニメにハマり、そのままの勢いで二次創作を漁りはじめ、人生で初めて「これは絶対に欲しい!!」と思った同人誌を手に入れた話』です。これは私の身の上に起きた実話ですが、私の視点からの一方的な話なのと、相手が特定されないようにぼやかしています。何よりこちらの方面に私が詳しくないのでそのあたりは何卒ご寛恕ください。 
 
同人女の感情」という作品は同人誌(主に原作ありきの二次創作本)を書いたり読んだりしている女性たちの様々な人間ドラマが連作で描かれている漫画で、最初目にしたときはへえ~おもしろーい!こういう世界もあるのね…で終わった。それを今読むと、まるで我が事のように感情移入してしまうようになった、このひと月ほどの話を綴っておきたい。

最初にも触れましたが私は女子アイドルとバンドのオタクをしていて、大体月に10回くらいはライブへ行き、長時間薄暗いライブハウスに佇むという生活をしていました。仕事でもないのに。しかし突然のコロナ禍により、私のそんなオタク活動の日々は急停止せざるを得なくなりました。
 
今振り返っても、まるでライブハウスでウイルスが発生しているかのような、みんなの不安を紛らわせるための攻撃の矢面に立たされた報道には首をかしげるところもありますが、現実として余暇のほぼ大半を費やしていたことを急に取り上げられてしまいました。暫くは次々に投下されるアーティストたちの過去のライブ配信などを見て過ごしていましたが、世情はいよいよ厳しくなるばかり。そんな折、以前から布石はあったとあるきっかけから、本格的にアニメ声優沼へGO TOキャンペーンにより入沼(存在しない日本語)することになったのでした。
 
今は様々な配信サービスがあるので、ステイホーム期間中の有り余る時間も自宅でアニメを視聴することでめちゃくちゃ充実して過ごせました。好きな声優さんがチラチラできたのでその人の過去出演作を追いかけたり、勧められた作品を見たり。時間系列も様々な作品を縦横無尽に走り続け、ステイホームで有り余るはずの時間はむしろ足りないくらいのみっしりした時間を過ごして居るうちに、私は数年前のとある作品に出会ったのでした。
かわいく楽しく笑いもあるその作品をひと通り見ていくうちに、その世界観に妙にハマってしまいました。しかしそんな数年前の作品を見ている人は周囲に勿論いません。ああ、あの可愛さ癖になる独特のユーモア面白さについて誰かと分かち合いたい………。でも今更SNSでそういう繋がりを求めるのもめんどくせえ~~~~。そもそもそのコンテンツ終わって久しいし、今頃ハマってもどうしたらいいの~!と思いながらWikipediaやブログなどを見たりしているうちに気づいたのです。"二次創作"という世界に。
 
知っている人にとっては説明不要のカルチャーなのでしょうが、私にとっては右も左もわからぬ未知の世界。いや、言葉というか概念として知ってはいたのですが、自分から手を伸ばしてみたのは初めてで。使い方もわからないそのサイトを、右も左もわからないなりに夜な夜な徘徊する毎日が始まりました(ちなみに本当にわからなかったので、友人にSOSを出して軽くレクチャーしてもらった)。
イラスト、漫画、小説……。オリジナルもあるけれど、原作ありきの二次創作と呼ばれるものたちの多種多様さ。内容もほのぼの系からガッツリとボリュームのあるもの、R18まで何でもある。ほんとに何でもある。ほんとに何でもある!!(大事なことなので2回叫んだ)。人気の作品は毎日どんどん投稿され……なるほどこれは全部見るのは無理なのだと早々に悟る。そしてかなりの人たちはそのサイトで発表するだけでなく即売会で販売したり、同人誌を扱うショップに委託して販売しているようでした。
 
余談ですが私は何も知らないティーンの頃に、当時大好きだったとあるバンドのいわゆるナマモノのBL(覚えてないけどR18的な内容だったんだと思う)を押し付けられて以来、BL特に二次創作というものには嫌悪感と抵抗がありました。大人になるにつれ嫌悪感は無くなったけど、二次創作への精神的な抵抗はめちゃくちゃあったのです。一生そちらに自ら手を伸ばすことはないと思っていたので、自分でもこれは異例の事態でした。  生活様式だけで飽き足らず、私の身体まで変えるなんて…………コロナ、絶対に許さねえからな!!!!(?)
 
話を戻して、アニメを見てハマったいくつかの作品のタグを打ち込んではサイトを巡るのが日々習慣化してしまうほど二次創作サイトを楽しんでしまうようになったので、私もそう遠くない未来、いつかは薄い本を買うだろうと思うようになりました。読むだけなら、大部分はサイトで無料で楽しめます。しかし読むごとに湧き上がる作家さんたちへの【感謝】の気持ち。あなたたちが脳内で丹念につくりあげたモノを更に手間暇をかけ「形」として出力し、楽しませてくれたお礼に私ができることは、この薄い本を買うことしかないのです。ただせっかくなのでその最初の1冊は「作品もテーマも絵柄も内容も全部、心から納得した1冊にしたい」という欲張りな気持ちがありました。その運命の一冊を探しているような、そんなある日。ついに出会いは訪れたのです。
 
サイトを巡るのにもだんだんコツを掴んできた私は、いわゆる「カップリング」での検索もするようになっていました。それはなんぞや?といわれるとまだうまく説明ができないのですが、より二次創作の世界を楽しむための暗号・呪文……みたいなものです。広大な海を無策で漕ぎ出しても、目的地へは到達できません。できたとしてもそれは単なるラッキーに過ぎないのです。確実に自分が求めるときめきへ到達するための地図、目印としてそういうタグがあるのです。要は「コ◎ンくんと灰◎哀の話が読みたい」のならそういう呪文を唱えれば良いし「工◎新一と毛◎蘭」がいいならその呪文を唱えればいいのです。便利だ!!一瞬で彼の地へ飛べるルーラみたいなイメージ。そしてその呪文はとても細かく細かく細分化されています。より自分の性癖…………好みへ到達するための呪文はかなりはっきりとしていて、だからこそひとつの作品の中で人気の呪文もあればマイナーなものもあります。
どうやらここには、投稿している人の数だけ呪文があるようだな…?そういう理解をしつつあった私は、ある日今まで見たことがない新しい呪文を見つけました。めちゃくちゃマイナーや異端というわけではないけど、そこでは他に人気の呪文がいくつかあるし~、失礼ながらそこまで需要あるの?と正直思った呪文です。今まで注意を払ったことがなかった全くのNO琴線だったその呪文を何気なく唱え、出てきたサムネイルをスワイプしていくうちに「わ、絵がきれいだな~」と目に付いた作品を何気なくタップしたら。
 
 
衝撃だった。
 
 
なにこれ!!!!!!!!!!!
 
 
元の作品では描かれてない(それはそう)(二次創作なので)ふたりの思慕が、くどくなくそれでいて納得できるバックボーンを持って丁寧に描かれていた。紙面から感じる説得力。作品を読んでいくうちに、ふわりとその余白が立ち上がったような感覚。R18のマークがついていたけど、描かれているのは多少えっちでも目に行くのはそこではなくて、ふたりを取り巻く細やかな感情のやりとり……。動揺しつつそのままその作家さんのページを開くと、他にもいくつかその関連の作品を見つけた。サンプルで載せているものも含めて全てひと通り読みつくし、ベッドに大の字に倒れることしばし。放心状態からまた最初の作品を読んでみる…。短いその作品を何度読んでも、読む度にわーーーって口に手をやるような気持ちになるし、読んでない時も思い出しては胸が苦しくなり。絵柄も綺麗で、オリジナリティもあって凄く好きだった。これじゃない?私が手にするべき人生最初の二次創作本はこれじゃないの???買っちゃお!!!も~~~~~~同人誌買っちゃお!!!(エンジンかかった時のオタク特有のフッ軽)
 
ところがここで問題勃発。この作家さんのプロフィールにリンクが貼られていた通販サイトを見てみると現在は稼働していなかったのです。「忙しい時は閉めています」というメッセージ…。商品一覧を見ると何種類も置いてあるけれど、それが果たしてただお店を閉じてるだけなのか、もう在庫が無いのかまではわからず……。
しかも私が欲しいのは5年前の本。ないの?あるの?ないの?あるの?どっちなのーーーーーー!!!!!
 
初めてのことに勝手もわからず悩んだけれど、居てもたってもいられなくなったの私は再度プロフィールへ戻ります。この方はありがたいことにTwitterアカウントと連動していたので、そちらを覗いてみると……。書き込みが動いている!じゃあここから連絡を取れば…!?でもいきなり知らんアカウントからメッセージ来たら怖いよね?と逡巡していると、この方は匿名メッセージアプリを設置していることが判明。これならワンクッションある感じだしいいかも!と、早速メッセージをしたためました。興奮していたので内容はよく覚えてないけれど「あなたの◎◎の作品を読んで感動しました。全然気づかなかったふたりの魅力を教えて下さりありがとうございます!!実は御本を購入したく思ったのですが、今は閉められていらっしゃるのですね。もし状況が落ち着いて通販を再開される暁には是非購入させていただきたいです」みたいな内容だったと思います。私はよくファンレターを書くタイプのおたくなので、ここで今までのスキルが生かせました。「なすびの花とオタ活には、万に一つの無駄もない」とはこのことか。
 
メッセージを送ったその翌日か翌々日にそっとその方のTwitter見に行ったら「めちゃくちゃ嬉しいメッセージを貰ったので通販再開しました!早速ご注文もいくつかいただいてて、ありがとうございます~」とのツイートが。えっ??????マジ???慌ててサイトへ走る。わ!わ!ほんとだ再開してる!!でも欲しかった本は在庫無し………そりゃそうか5年前のだもんな…。残念。でも神絵師(以下、神)のお気持ちめちゃくちゃ嬉しいでは無いか!よーーし買うぞ!!もうこの人の本を私は買う!!!!!!決めた!!!!!!!
 
めあての本は数種類在庫があって、よくわからなかったけれど両方買うことに。だってわざわざお店を開いてくれたそのお気持ちが嬉しいじゃない。サイトの仕組み?もよくわからんけどとにかく在庫のある内にと注文を済ませ、その後にまた匿名メッセージにて「先日メッセージさせていただきました者です。通販再開してくださりありがとうございます。残念ながら一番最初に拝見した本は在庫無しとのことでしたが、他の本を購入させていただきました(その最初に惹かれた作品の感想を綴る)。私にとって初めての同人誌です。とにかく楽しみにしていますー!!」という旨を綴って送信。
 
ひと仕事を終えた充実感に満足しフワフワして気づかなかったのですが、ふと通販のメールを見たところ(ちなみに匿名で売買できるシステム)「大変失礼ですが、匿名メッセージを2度送っていただいた方ですか?ご迷惑でなければ教えて下さると嬉しいです」という返信が。えー!!!神が私を探している………???
 
再びぎゃー!!!となりつつも、隠すことでもなかったので慌ててカミングアウトの返信をすると、翌朝、神から長いメッセージが来ておりました。
 
神曰く、メッセージとても嬉しくてどうしても直接お礼を伝えたかった。長く同人活動をしているけど、1番長く大切にしたカップリングだということ。過去の作品は今見ると技術とか稚拙で恥ずかしくて消したくなる時もあるけれど、あなたのように誰かに今刺さるということもあるなら上げていてよかった。初めて手にしたいと思った同人誌が私の本ということが嬉しい!というような事が丁寧に綴られておりました。
 
神ーーーーー!!!!!😭
 
その方が結構長く活動されているのかな?ということは、サイトの投稿日時を見てなんとなく察していたことでした。活動の規模まではわからないけれど、ある程度の年月を同人活動にいそしまれていたのなら(私がひとめぼれしたのだから、過去にもそう言う人は居ただろうし)、きっと今までもたくさんの誉め言葉をいただいていることだろうと思ったのですが…。それでも通りすがりに投げかけたこちらの気持ちに、こんなにも心寄せてくださったとは。感激。
 
その後すぐに発送のお知らせが来たので、私の返信を待って送ってくれたことにも優しさを感じまして。私もまた自分語りを織り込んだクソデカ感情を長文にして感想を送りつけ、今日届く本を楽しみにしてますね!とか書いたりして。改めて自分が送ったクソデカ感情長文を読み返して恥ずかしくなっていたところ、商品が届いたので即開封!!
 
丁寧に水濡れ防止の梱包された本を取り出したら……なんとお手紙がついていて………。写真見せたいくらい、かわいいそのキャラのイラストが封筒に!!
もうこれ実質あれじゃん、噂に聞く"スケブ"(即売会で同人誌買ったら、持参したスケッチブックに絵をねだってもいいみたいなオタ仕草)では!?!?慌てて封を開けると、中にも丁寧なお手紙が。え~~~~~~~もうこれスケブ超えてない???ちょろっと同人誌買っただけでこんなに感謝をいただいていいの????
 
 
しかしここで話は終わらない。
 
 
お手紙を早く読みたい気持ちと、早く本を読みたい気持ちで手紙を読みながら梱包をといたら、ら、
 
 
頼んでない本も入っていた。
 
 
そう。私が一番最初に触れた神の作品。心臓がギュとなって、内容覚えるくらい読みに行った、人生で初めてこの同人誌が欲しいと思った、でも在庫がなかった作品。ありがたいことに今は全編をウェブに上げてくれているから、上げてくれている限りはいつでも読めるからと思った作品。連作なので2冊。それが入っていたんです…………。「サークル保管分で読んだりしたので綺麗なものでは無いですが、お手元に置いてください」というメッセージと共に。
 
 
か、神ーーーーーーーーー!!!!!!?????😭😭😭😭😭
 
 
こんなのされたら、好きになってしまいます!!!!!神!!!!!!神!!!!!
 
 
昼間っから泣いたよね………そりゃあ泣くでしょこんなサプライズ。だって私たち、出会ったこともないのですよ?私はこの方にほんの少しのお金と引き換えに、素敵な作品ととんでもない大きな愛情をいただいてしまったのですが??????えええ????夢?夢ならば覚めないで……と願いましたが、見事に夢ではなかったのでその本は今でも私の手元にあるのです。
 
宝物が一気に3つも増えてしまった。買った本と(もちろんこれも本当に装丁含め素敵だった…)、頂いた本と、大きな愛情。
 
これが私の、極私的「同人女の感情」ストーリーでした。
 
現実にはここからまた少し続きもあるのですが、それはまたいずれ何かの機会があれば…。
 
ご清聴ありがとうございました。
 
 
 
タイトル(勝手に)お借りした「同人女の感情」はこちらから読めます!

www.pixiv.net

単行本化も決定!ってすごい~!!

 

 
 
 

パノラマパナマタウン『PPT Online Live「On the Road」』2020/08/16at.新宿ロフト(Streaming+)


f:id:yurivsky:20200822233930j:image

 

 

バンドにとっての「試練」というものがあるならば、それはそのままイコールでファンにとっても試練なのだと思う。身に降りかかる全ての事を見せてくれているとはこちらも思っていないが、不思議なことに、丁寧に隠したつもりの不安でも何となくかぎ取れてしまうことだってある。

 

2020年はきっとほぼ全てのバンドマンたちにとって「試練の年」だと思う。リリースベースで活動している人たちですら、全く影響がないとは言えないだろう。ましてや、ライブ活動に大きな比重を置いて活動していたら大打撃といっても過言ではない。そしてその状況は残念ながら現在も大きく好転はしていないのが正直なところだ。

 

それに加えてというか、実際に順序は逆になるが、パノラマパナマタウンには年明けの1月半ばに行った恵比寿リキッドルームでのワンマン公演を境に大きな出来事が二つもあった。ボーカル岩渕の喉の手術と、メンバーの脱退。

どっちか一つだってかなりの深刻な出来事なのに、続けて二つも報告されたこちらとしては重くて大きい事実にあらあらというしかなかった。最初から自分に出来ることなんて何もないのだけれど、ただまたバンドとしてステージに立つその日を静かに待つしかなかった。

 

再出発のステージは4月の日比谷野音になるはずだった。失礼を承知で言えば、ちょっと大きすぎるのでは…とも思った大きなステージ。でもそれは、彼らを支える人たちが彼らに託す願いの大きさだったのだと思う。再起のステージに花を添えるべく集まってくれたゲストのバンドたちもきっと同じで。そんな新しい旅へ出る餞のステージでもあったライブも残念がららコロナ禍で中止になってしまった。

 

大層落胆したのかと思いきや(したとは思うけど)、そこからメンバーたちが始めたのは配信だった。記憶が曖昧だが、最初は雑談のインスタライブ的なものだったと思う。誰もがしているそこからいつしか、配信は曲を作る過程を見せていくという確固とした目的があるものへシフトした。デモの状態の曲を観客に聞かせ、どれが良かったか聞き、次回はまた少しアレンジを加えたものを聴かせる。それを繰り返して曲が磨かれ仕上げていく様を見られるのは新鮮で貴重な時間だった。本人たちはもしかしたら「どうせなら毎週やっている成果を見せられれば」くらいのきっかけだったのかもしれないけれど、見ているこちらとしては自然と曲へ愛着が湧いていく時間だった。普通なら「新曲です!」と完成した曲がライブで差し出され、何度も披露されている内にこちらにも情がわき、本人たちもアレンジを加えたり演奏に慣れたりして曲がこなれていく。その育っていく過程が配信で味わえたのは面白かった。この日の配信ライブで初めて披露されたいくつかの新曲たちが、耳馴染みがあり愛着がある形で出てくるのは不思議な体験だった。

 

前置きが長くなってしまったけれど、そんな変化と試行錯誤を越えて、越えてないな。抱えて挑んだ配信ライブがパノラマパナマタウン『PPT Online Live「On the Road」』だったと思う。

 

新宿ロフトのステージではなくフロアに向き合うように並べられたバンドセットが映し出され「SHINKAICHI」からスタートした。この日のために用意されたかのような曲だと思った。新しい場所へ踏み出す曲。この曲から始まる印象的なライブが前にもあったような気がする。その時も「今日にふさわしい曲だな」と思ったけれど、この日もまた、この曲以外にないなという気持ちでいっぱいになった。節目をいくつ迎えても、聞くたびに背筋が伸びるような曲があるのは強いなと思う。いつものことだけど、ドラムへ向けて三人が集まって弾いているところを見て胸が跳ねた。これがすごく好きだ。客席からは窺い知ることができない、ドラムだけが見られる顔。

1曲目からフレームアウトするほどの勢いはそのまま曲を繋げていく。「Top of the Head」の”思いもよらぬほど素晴らしい明日が俺らには待っているはずだろう”という歌詞が深く説得力を持って刺さる。その後の「フカンショウ」も凄味すら感じるほどだった。激しいのに安定感がすごい、全体の重心が低く感じる。一音一音が踏みしめられているかの如くしっかりとした重さを持って画面の外へ届いてくる。新曲と既存曲を挟んでも勢いが落ちない。不安がない。ここには今、本気の人しかいないのだ。照明も音響もカメラも全て味方にしているのを見て、部屋に一人なのに自然と言葉が漏れていく。

 

この日一番私が聞きたかったのは「ラプチャー」だった。事前のリクエスト企画でもこれを出した。はじめてのアニメ主題歌だったり思い出もあるし、歌詞も曲も凄くいいのに、ちょっと雰囲気がありすぎてセットリストのどこへ入れるか座りの難しい曲だなあという感じがして、最近あまりお目にかかれていない気がしたからだ。なのでイントロが流れてきたときはめちゃくちゃ興奮したが、それをごりっと抑えて集中して見入った。紅い照明に均等に照らされた四人を息をつめて見た。この曲が聞きたかった。激しさと強弱、サビ前の印象的なベースのフレーズ。2番に行く前のギターもすごくかっこよかった。

今まで見た中で一番のラプチャーが更新され、というかもっと評価されていい曲では…こんなエンジンを積んだ曲なのかと改めて感じた。凄い。曲が進化しているというか、深度を増している様に思った。

 

聴きたいと熱望した曲が聞けたので脱力しそうになりつつ、間髪入れずに「Rodeo」が始まる。楽しそう!ハイカロリーな曲だけど、自由に好きな感じで楽しんでいるのが伝わる。と思ったら「テーマ」で急に手綱を緩めたり。緩急がすごい。あちらからはこっちは見えていないはずなのに、反応がわかっているかのようだ。

 

ライブを見終えて一番に思ったのは「こんなセトリでいいの?」だった。新旧織り交ぜて自由に、本当に直前までの自分たちをありのまま投影している。このライブはまるでドキュメンタリー映画のような感覚だった。カメラが映し出しているのは新宿ロフトだけど、これまで立ってきたステージ流れていった風景までも織り込んだ手触りのあるステージだった。どこを切り取っても画に力がある。フロントマンの岩渕くんだけでなく、いやむしろいつもその両隣にいる浪越くんとタノくんの方が滾っているような気さえした。ライブをしたいという本気が満ちていて、「ライブがあってよかった」と一気に吐き出した岩渕くんの言葉に凝縮されていたように、3人はステージを求めていた。ライブという日常を奪われて、枯渇して求め続けることはこんなにもステージへ向かうパワーになるのか。ここに観客がいるいないはなんの作用も及ぼさないと感じた。逆に観客がいないことが却って変にエモーショナルに流されることもなく、3人のただライブが楽しい!というプリミティブな喜びがこちらにダイレクトに伝わってきたのかもしれない。喜びとともに、しっかりと地に足をつけてリスタートを切れたのが、新章へ踏み出せたのが見てとれた。フロアライブで向き合いお互いの顔だけを見、お互いの反応だけを信じて進めていくライブは、迷いがなかった。正にこのライブ中に新しい所へ踏み出したという気がした。

 

コロナ禍でメンバー同士も顔を合わせることができないまま、生み出された楽曲たちも織り込まれたセットリストだったけれどとても自然だった。むしろ育っている気すらした。生まれるところから見せてくれたから、こちらも親愛の気持ちで迎えることができたのだと思う。コロナ禍がなかったら生まれなかったかもしれない曲たちを愛し育てている気持ちが伝わってきた。

 

ライブをめぐる環境は正直2月からたいして変わっていないように思うけれど、それでもひとつずつ気持ちや環境を立て直しながら進もうとしている姿を見られたのも嬉しい。こんなに心躍る配信ライブはなかった。そこに私が見たい3人の姿があったからに思う。サポートドラムの大見くんは旧知の仲ということもあり息もばっちり合って自然だった。岩渕くんの喉に関しては本当に忘れるほど何も不安がなかった。余計な迷いがない頼もしさに溢れていたステージを目撃出来て、この夜は深く眠ることが出来た。生の感動へ及ばないのはわかっているが、それでもしみじみと余韻の残るいいライブを目撃出来たという幸福感に全身を満たされて。

 

【セットリスト】

1.SHINKAICHI

2.Top of the Head

3.フカンショウ

4.C’mon Future

5.いい趣味してるね

6.Dogs

7.ラプチャー

8.Rodeo

9.パノラマパナマタウンのテーマ

10.ロールプレイング

11.SO YOUNG

12.エイリアン

13.俺ism

14.MOMO

 

 

 

 

【余韻】を噛み締める~4ヶ月振りに推しのライブへ行った話

このブログが世に公開されているということは、恐らくあの場所で新型コロナ肺炎のクラスタは発生しなかったということでしょう。非常に安堵している自分が浮かぶ。同時に、好きな人を見に行きその場所で生まれる音楽を楽しみたいだけなのに、何故それが許されないんだろうと非常にやりきれない気持ちに捕らわれる。

7月も終わりに近づいたある日、とあるジャズライブを見にジャズバーへ足を運んだ。4ヶ月振りの生ライブ。日常のひとコマだった「ライブへ行く」という行為が久し振りすぎて前日から謎に緊張した。日本でも有数の、いつもなら人が溢れるその街も雨も手伝ってか人通りは少ない。雑居ビルの小さなエレベーターでバーへ入ると、そこはもう結構な人数の人が開演を待ちわびていた。「結構な」と書いてしまったけれど、実際はそうでもない。店内を歩くのに特に支障はないし、キャパシティを考えれば半分以下での人数である。ただこのくらいの密集度でも「密だ」と感じるように変えられてしまった自分の肌感覚に驚く。人はたかだか数ヶ月でこんなにたやすく感覚が変容するのか。

奥の方へ進むと顔見知りの人たちが数名いたので声をかけ、再会と無事を喜び合う。本名すら定かではないがよく顔を合わせる人たち…だった、数ヶ月前までは。そう、自分が職場以外の人と顔を合わせるのは主にライブハウスという場所だった。待ち合わせをしなくてもライブがあれば自動的に集まる。それが無いだけで、もう永遠に逢わないことも有り得るのだなと改めて思う。

 
楽しみだった、久し振りの生ライブはあっという間に終わってしまった。始まる前は「どんな風になるんだろう。感激して泣いちゃったりするかな~」などとのんきに思ったりしていたがそんなことは微塵も無く、ただ楽しく幸せなうちにライブは終幕した。普通のライブハウスよりもアットホームで、そもそも入場してすぐにライブをする本人と顔を合わせ、何気ないいつもの会話を交わしたおかげか、本当にいつもの楽しいだけのライブだった。ただ暫くライブに行かないうちに「ライブ脳とライブ筋」は著しく衰えたようで、たかが2時間半くらい立っていただけでライブが終わった瞬間から足腰はしんどいし、何をやったかも何を言ったかもほぼ覚えていない。ただ歌う本人が心底嬉しそうに、今世界で一番俺が幸せ~という顔をして大好きなメンバーの名前を何度も紹介し、愛してやまないジャズナンバーを唄っていたことしか思い出せない。なんて幸せな記憶。
 
翌日は仕事がたまたま休みだったのだが、本当に休みでよかった。私は心身共に疲れきりひたすらに横たわって過ごした。フワフワしてるが、静かな熱に満ちていた。これが本当の【余韻】なのでは?と、妙にクリアに納得した。
 
正直どこか気が進まず無観客の配信ライブはあまり見ていないが、どんなに大好きなバンドでも「物足りない」ものだと気がついた。それはライブの出来不出来ではない。確かに、ごく小数であれ観客を目の前にしてライブをしたら、演者の気持ちは盛り上がるだろうし、ステージが帯びる熱量も格段に変化するだろう。でも自分が感じたのはそこではない。完全に観客側の気持ちの問題だ。見られてよかったな!という気持ちは湧いても、それは《体験》にはならない。今まで日常的に得ていた「ライブを見る」快感は、ライブを見たという《記憶》に付随する細かな気持ちや風景があってこそなのだ。記憶が《体験》になるためにはむしろステージ以外の様々なノイズが必要で、でもその余計な情報こそがライブを見たという事実をくっきりと縁取る。

「ライブへ行く」は数時間ライブハウスにいるだけの時間ではなかった。朝、ライブへ行くことを含めて身支度をすること、チケットを確認しながらライブハウスへ向かい、ドキドキしながら開演を待ち、ライブを楽しみ、知り合いがいれば会話を交わし、帰宅する電車の中で気だるい足腰を持て余しながら今日の光景を思い出し、寝る直前まで満たされた気持ちを何度も反芻することまで全部含めてが「ライブへ行く」を指していたのだった。もっといえば、チケットを手にした瞬間からもうライブ体験は始まっているのだろう。家で見る配信ライブがどんなに優れていても、画面を消した瞬間に余韻は確実に遠ざかる。家は自分にとって生活の場所。日常からひと時抜け出して特別な場所に行きたいと思う自分の希望とは重ならない。
 
しかし、これからはきっとこういう気持ちと折り合いをつけていかなければならないのだろう。元の世界には戻らない。戻るとしてもきっと想像よりも長い時間がかかる。逆に当たり前のように配信の環境が整うようになれば、なかなか事情が許さない人であってもライブを視聴することが出来るようになるだろうし、新しい価値新しい体験を生み出すことにも繋がる。むしろ今までの方が不均衡であり、これから均されていくのだとも考えることが出来る。
 
環境や考え方の変化は歳をとるごとになかなか難しくなるけれど、自分の愛した趣味においてはそうも言っていられなくなってしまったなと思う。柔軟に視点を変え、姿勢を変えなければいけないのは、ステージの上も下も同じだ。ステージに立つ人がステージを諦めない限り、きっと自分も愛情を注いでいくだろう。どこに愛情を注ぎ、何を求めていくのか。その取捨選択の基準は変われども、そこに賭ける想いが変わらない限り。

CBCラジオ:BOYS BAR(S)で白井悠介さんがセレクトした曲まとめ

詳細は別のブログにしたためるとして手短に概要を説明します。
コロナ禍における影響で、私の日々の労働及び生きる理由及び人生における最重要事項であるところのライブが、ライブハウスが、まるでウイルスの発生源のように扱われてしまいました。私の日常は一気に味気ないものに…なるはずだったのですが、不思議ですよね。ぽっかり空いた時間と心の隙間を埋めるものが即現れました。人生初、声優さんに急にハマるというオタク人生の緊急事態宣言が出され、空いた時間の全てを費やす勢いでその方の出演作を延々見ておりました。私はこんなブログを書いている通り、音楽を聴いてはライブへ行くことが好きです。アニメはたま~に見てましたが、声優さんの名前を気にしたこともあまりありません。なので今は目の前に広がる果てしない声優沼を前に「……声優さんを応援するってどうしたらいいの?」という気持ちで呆然としてます。女子アイドルとバンドのおたくしてた経験が一切活きないの!手がかりゼロなの!!逆にすごい!!
 
勝手が違うにせよ、その人となりを知るためにはインタビューを読むのがいいなと常々思っていたので今回も検索しました。早速のカルチャーショックです。音楽家に関するインタビューならド定番・ド鉄板の「どんな音楽を聴いてきましたか?」がないんですよ!いや、音楽家じゃないんだからそりゃそうなんですが。でも好みに偏りはあれど音楽ファンの端くれなので、どんなひとでも好きになったら何聞いてるか気になるんです!もはやこれはサガであり業。
 
しかしインタビューでその流れになっても、ガッツリとカットされてるのを見て心が折れておりました。「カラオケでRAPとか歌っていたので、その経験が作品に活きたのかもしれません」そこ!今!何を歌ってたのか聞くところでしょ!!!とスマホ片手に力尽きた私に差し出された一筋の光明。その声優さんが出演しているラジオのブログを見たら、一緒に出演されている寺島さんという声優さんと交互に毎週1曲ずつセレクトして番組内でかけていることを発見!
 
 
これだ。
 
 
というわけでそのブログをざざっと掘りました。見落としもあるかもしれませんが、とにかく掘りました。こんな情報誰が知りたいの?って、私が知りたかったので満足です。掘り出した順番も適当です。白井さんのことはほぼ何も知りません。あ、遅ればせながら今回の沼の発端は、白井悠介さんという方です。「声優沼」のほとりで足首くらいまでつけてキャッキャしてたら、急に引きずりこまれました(心象風景)。
 
繰り返しますが、白井さんのことはまだ何も知りません。それでも45曲並べれば、見えてくるものはあるんですよきっと。仕事で音楽に意識的に接しているわけではない方が、ラジオでかけよう!と思うくらいのものです。一瞬でもきっと琴線にしっかり触れたものなのでしょう。
 
※ヒプマイその他、白井さんご自身が出演してる作品の曲と思われるものもありましたがそれは除外してます。繰り返しますがアニメ詳しくないので、他にもあるかも。
 
※アニメタイアップ曲
 2020/06/17付
 

NIRGILIS「SNOW KISS」

 

ストレイテナー「冬の太陽」
メレンゲ「シンメトリア」
岡村靖幸w小出裕介「愛はおしゃれじゃない」
 
Base Ball Bear「ドラマチック」
斉藤和義「月光」
ブンブンサテライツ「A HUNDRED SUNS」
HOME MADE 家族「少年ハート」
 
HOME MADE 家族「ホームシック」
 
・SouL'd OUT「COZMIC TRAVEL」
・池毅「バーニングラブ」
 
FIRE BOMBER「突撃ラブハート」
 
山形ユキオウイニングラン!-風になりたいー」
 
アジカン「ループ&ループ」
・サザン「Bye Bye My Love」
 
・サザン「クリスマス・ラブ
 
 
 
・シュノーケル「100.000hp」
 
・[Alexandros]「ワタリドリ」
 
レミオロメン「蒼の世界」
 
森山直太朗「星屑のセレナーデ」
 
・MIO「MEN OF DESTINY」※
 
佐々木李子「酩酊」※
 
米倉千尋「10 YEARS AFTER」※
 
 
・DA PUNP「All My Love To You」
 
スキマスイッチ「晴ときどき曇」
 
・FLOW「SUMMER FREAK」※
 
・Gerry And Pacemakers「You’ll Never Walk Alone
 
有坂美香「月迷風影」※
 
Hemenway「Shifting」
 
King Gnu「白日」
・SHO「ボウズにヒゲ」
 
・SHO「ガイシューツはやめろ」
 
新居昭乃「VOICES」
 

ROCKY CHACK「リトルグッドバイ」※

 

・LAST ALLANCE「HEKIREKI」※


【PV】Hekireki Sub Español - LAST ALLIANCE

 
 
Fire Bomber feat.MYLINETENIUS「MY FRIENDS」※
 
 
・Shiggy Jr.「ピュアなソルジャー」
 
以上になります。
これをブログにしようと思ったのは、このShiggy Jr.「ピュアなソルジャー」が番組で紹介されていたからです。私はこのバンドがとても好きです。残念ながら解散してしまいましたが、今でも自分のとても大事なところにこのバンドはいます。

yurivsky.hatenablog.com

 この曲を白井さんが紹介していまして、たまたま事務所に行ったときにかかっていたのを気に入って調べたそうなんですけど、偶然なのですが白井さんが出演されていた「リルリルフェアリル」という作品のエンディングにシギーは「key of life」という曲を提供をしていたんですよね。初めてのアニメタイアップだったので、めちゃくちゃ嬉しくて女児向けのアニメだったけど見てたなあと当時を思い出して、懐かしさに胸が痛くなりました。そのことを白井さんは今回初めて知ったそうですが、わ~こんなことあるんだな~と。
 
いい楽曲はバンドがなくなっても残るし、それを聞いてまた新しい誰かが「いい曲だ!!」って思ってくれるんだなあと。久し振りに大好きなシギーのことで盛り上がれたので凄く嬉しくて…その喜びの発露がこのようなまとめブログに結実した次第です。だって…応援の仕方わからんのだもの。
 
今後私はこのまま声優・アニメオタクになるのかどうかはわかりませんが、ライブという大好きで大切なエンタメが取り上げられてしまっても、とりあえずは健やかに楽しく生きております。どうかご安心ください。ではでは。
 
余談ですが、まとめてはいませんがラジオの相方の寺島さんのセレクトの方が私の好みに近かった気がします…余談終わり。
 

宮川純・荒田洸・新井和輝セッションライブ 2020/1/6 at.Jazz Live Alfie


f:id:yurivsky:20200108011554j:image

 新年あけましておめでとうございます(と、言っていいのか微妙な時期になってしまいましたが)。このブログを開設して早4年、年々減り続ける記事数に「自分の著しいブログ離れ」を感じずにはおれません。趣味なのでいいんですけど。

 どうも自分はブログに対してすごく真面目に取り組みたいと思っている節があるようで、何度も読み返して推敲して、且つ気が乗らないと上げない。なので下書きに死んだ記事が累々と並んでいる。それでこのレベル?と言われると素直に謝るしかないがとりあえず今はほっといてくれ。それでも書くのは何故かと言うと、気持ちが動いた瞬間を忘れたくないからだ。年々本当にあっという間に記憶が薄れていく。幸せなことに日々新たな刺激があり、心を動かされる。それに気を取られているうちに、忘れたくないと思うことすらも忘れてしまう。

 それはあんまりじゃないか、ということで2020年は行ったライブの感想くらいはブログに残そうという目標を立てた。簡単でいい。人から見たら分かりにくくても仕方ない。ツイッターに流したことの再構築でもいいから自分の為にログを残そうと思う。きっかけがあれば記憶を呼び起こす手助けになる。未来の自分の為にちょっと頑張ってみようと。

 

 長い言い訳は以下の本題の前置き。本題はあっさりです(当社比)、すいません。さて、謝ったので堂々と本題へ行きます。

 

 2020年が始まり、今年の弊社仕事初めは1/6でした。仕事初めであり、且つ同日に迎えることとなった推し事初めは六本木のJazzバーAlfieにて、宮川純・荒田洸・新井和輝のお三方によるJazzセッションでした。

 

 普段は「汚ねえライブハウス」by.Yonce に生息している、実年齢が社会経験に比例しないタイプなので、相変わらずJazzバーって勝手がわからずド緊張するのですが、推しのいるところに行けるなら行くだけという身上なので緊張は押し隠してしれっと向かう。受付して先に精算を済ませ、席へ案内された。薄暗い店内は酒ビンが立ち並ぶバーカウンターと、椅子の並ぶフロア。最奥にグランドピアノとドラムセット、ウッドベースがセッティングされている。一段高くなった場所にもカウンターや椅子が並び、40~50席くらいは用意されていた感じでした。私はカウンターに案内されたのですが、その奥に結構しっかりとしたPA卓があり。目の前でバーテンダーさんたちが美しい所作でひとつずつ丁寧にドリンクを作っていくのを眺めたりなどしていると開演。

 

 本日は2ステージ制で、それぞれ45分程度のステージの間に30分休憩という構成。

 

 ピアノ、ウッドベース、ドラムという組み合わせで、1ステージ目は静かなバラードの印象が強めの4曲演奏。休憩挟んで2ステージ目は、今回はボーカルレスかと思いきやドラムの荒田さんがボーカルをとりながら叩いたり、あと飛び入りゲストが沢山で対照的に賑やかに。荒田さんいわく「新年会!」というくらい、レアで新鮮なセッションが繰り広げられてたのでした。

 

 WONKのドラムの荒田洸さん、ジャジーなのにどこかポップなドラムでびっくりした。専門用語はわかりませんが、ジャズでドラムって撫でるように叩く時あるでしょ(伝わるかな…)。あの時もポップで楽しい感じ。

 宮川純さんのオリジナル曲よかったー!ピアノの人が作るから当たり前なのかもだけど、ピアノが後ろからふわーっと現れてくっきりしてまたすっと空気に馴染んでいくみたいな。わからないですよね。そんな自在に操る存在感が印象的でした。
 そしてベースの新井和輝さん。King Gnuとは違う新井和輝さんすごくよい~。荒田さんの繊細なハイトーンボイスと優しく並走する新井さんの低音ウッドベース最高~!!縁起物~!!ボーカル有り無し、どっちも一度のステージで聞き比べができて贅沢だった。ずっとそれをしてみたいと思っていたので、叶って嬉しかった。

 ボーカルは荒田さんもだけど、遊びに来ていたWONKの長塚さんShunske'Gさんが飛び入りで歌ってくれたのでこれも贅沢。いろいろな声とのハーモニーの聴き比べが出来、幸せなひと時でした。近いので、ボーカルにふわっとウッドベースが寄り添う感じが超わかって気持ちよかった…。ボーカルレスで、テクとテクで殴りあってる感じも好きですけど!!

 他にもものんくるの角田さん、MELRAWの安藤さん、WONK江崎さんも加わっての贅沢セッション。Sax入ると急に華やかになる。宮川さんと江崎さんの連弾セッション、音が細かく感じた。やってる2人がはちゃめちゃに楽しそうで夢中で、見てて体が動く感じでした。

 

新井さん「ここは初めてライブやるんですけど、エレベの師匠がよくライブしてて。高校生の時にそれについてきて、何かトラブル起きたら対応できるように(ステージ前の)カウンターの下に入ってよく見てたので、ここに立てて嬉しい」というような話をしていた。
 そのあとセッションで角田さんにベース譲ったあと、一旦客席後方に下がったんだけど、途中でスッと移動してカウンターの前で座ってて。私からは座ってるのは後ろ頭少ししか見えなかったけど、10年前の新井和輝さんと同じところに座った新井さん見たかったな………今その場所からはどんな風にステージ見えたのかな…………と、King Gnuになるずっと前の新井少年のことを想ったりしたのでした。


 新年早々、レアで賑やかで楽しいライブ。贅沢な気持ちで一日を終えることが出来た最高のライブ初め推し事初めでした!!

Shiggy Jr.「That’s what I call Shiggy Jr.」at.赤坂マイナビBLITZ 2019/09/07

 画像

 

 2019年を振り返って、どうしてもこれを残さないと終われないと思ったことがある。5年弱、すごく大切で愛情を注いだバンドが、場所が無くなってしまった話だ。
↓解散を受けて書いたブログ。

yurivsky.hatenablog.com

 2019年6月5日バンドの解散を知ってから、9月7日の解散ライブをなんとしても無事に最後まで見届けることを課して過ごしてきた。実際はこのことばかりに日々捕らわれていたわけでもない。ただ、ほぼ5年自分の大切な場所を支えてくれた人たちがいなくなってしまうのは、目を背けられないダメージだった。そして、発表から解散までこの最後の1回しかライブを見ることができないということが、良くも悪くもファンとして腹を括るしかないという覚悟になった。


 切ないのに、絶対にさみしくなるのに、それでもライブが来るのは楽しみだった。いつもシギーのライブのあとは「たのしかった!」という気持ちひとつ抱えて幸せに帰途に着けたからだ。この矛盾した気持ちを抱えながら、万端の準備をして当日を迎えた。


 ライブのTシャツを買って即トイレで着替えるなんて、いつ振りだろう。入場は何時も一緒にライブを並んで見ていた友人たちと連れ合って入るが、中でそれぞれの場所にわかれた。番号が遅かったので、後方しかし中央よりの段上でステージが全て見えるところに行けた。いつも運よく前方で見られていたので、こんな後ろで見るのは初めてだなと思う。更に時間が経つにつれどんどん混み合っていく会場を見ながら、シギーのライブをひとりで見るのは初めてだなと気づく。いつも行きたいライブにはひとりでどこへでも行くけれど、ここでは誘い合わなくてもいつも誰かと一緒だった。


 フロアの密度は増すばかりでいつドアが閉まるのかと思っていると、やや開演時間を過ぎてようやくドアが閉められた。ついに最後のライブがはじまる。はじまったら、終わってしまう。もう、次はない。



 そしてついに、照明が落ちた。最後の時間が始まった。

 

 
 いつも一番最初に飛び込んでくる諸石くんを筆頭に、ほんとうに何時も通りステージへひとりひとり駆け込んでくる。この瞬間がいつだって最高にわくわくした。もうこれが味わえないのかという気持ちをどうしても無視できない。そして一曲目は「Saturday night to Sunday morning」この曲始まりのライブ、今までもたくさんあったなあと思い出す。一番最初に出会ったときもそうだった気がしている。そして正に今は土曜の夜。そして何よりも今日の為のようなこの歌詞に打たれた。
 
今を噛み締めて
夢のような時を
二度と戻れない
一度きりのクルーヴで
 

  こんなに後ろなら絶対にメンバーにはわからないから、今日はもう涙を我慢するのはやめようと思った。泣いて恥ずかしいということも無い、今日で最後なのだから。まばたきする瞬間すらも惜しい。涙を流しながらもまぶたを伏せることはなかった。その時間が勿体無かった。最初で最後の後方から見るシギーは、初めて全体を満遍なく見たような気もした。でも最前で見るのと同じくらい、ずっと集中して見ていたなと思う。

 

 不思議なもので、しっとりとした曲より、明るく爽やかな曲の方が自然と涙腺を刺激された。シギーの曲はどれもキラキラしていて、女の子の跳ね上がるようなワクワク感がいつも心底眩しかった。ベースの森なっちゃんが弾く音にスラップが多いのも、打楽器のような跳ね上がるリズムを重ねることで、そのワクワクした気持ちを加速させていた気がしている。そのキラキラに、現実では味わえない憧れと謎の郷愁を見つけ出していた。なりたかった女の子、それがシギーの曲にはあった。
 
 ライブを通してどれだけ泣いたのかもよくわからないけれど、ずっと泣いていたわけでもない。最初こそどう切り込んで行くか迷っていた池田のMCも、他のメンバーが突っ込んだり混ぜ返したりしてすぐにいつもどおりほのぼのとした空気で場内を笑顔にさせていた。男子メンバー三人も何時も通り。ああそうか。気持ちの整理が付いたんだ。前へ進むと決めた人は強い。
 
 一曲ごとに、その曲に紐づいた思い出が引き出されるのも、どんなにシギーの曲が自分の生活に浸透していたのかを思い知らされた。目の前のステージを焼き付けながらも、同時進行でその思い出にも思いを馳せた。
 
 いつもそんなことはあまりなかった、曲の入りのトチりとかも正直目立った。ああ、だって半年もずっとライブしてなかったもんな…としみじみした。ステージに立ち続けるってそれだけで凄いことなんだ。勿論、そんな失敗なんて流せるくらいすごくいいライブだった。でも本当のこといえば、前回のワンマンを満員の会場でたくさんの人に見て欲しかった。本当に素晴らしく明るく楽しく、完璧ないいものだったから。

 
 
 今回のライブタイトル「That’s what I call Shiggy Jr.」
”私が「シギージュニア」と呼んだもの”
なんだったんだろうな。ずっと考えていた。考えながらステージを見ていた。答えは今日わかるはずだから。正解なんて無いけど、自分なりの答えを持って帰りたかった。
 
私にとってそれは、「愛情」だったのではと思う。
愛情。沢山のステージから、リリースしてくれた楽曲から貰った愛情。

ライブの後のいつもより丁寧に世界を見たくなるような気持ち。
ポップミュージックは強くないとできないということ。
ステージに立つ4人の幸せそうな笑顔と信頼を寄せたまなざし。
ステージの下から勝手に寄せられる親愛のひとつひとつも、きちんと受け取ってくれる器の大きさ。
 
そんなものたち全部が愛情だったなと、今改めて静かに思います。
 
 しげくんがMCで「人はいつか死ぬし、バンドも死ぬ」って言い出した時は今日それ言うの率直過ぎん!?とたまげたけど、でもこの曲たちは残っていくんだよというのは本当だなと思ったし、更に「Shiggy Jr.は永遠になりました」と繋げたことは、そうか、このままずっとシギーを好きでいることは過去への執着ではないって思っていいんだなと、肯定してくれたんだなと受け取ることにしました。都合がいいけれど。
 
  1曲ごとに思い出が溢れるくらい、深く大切にしていた存在がなくなるなんてかなしいしさみしいけど、とにかく実感がない。何度書いても、書き直しても書き足しても全然しっくりこなくて、いくらでも書けるけれどまとまらない。言いたいことはただひとつだから。それは絶対に言えないけれど、もしここまで目を通してくれた人がいるなら伝わることでしょう。
 
 来年の手帳にはもう【Shiggy Jr.】の文字が増えないのが今でも信じられない。
でも最後までずっとメンがーが真摯でいてくれたから、池田智子・原田茂幸・森夏彦・諸石和馬の4人みんなが”Shiggy Jr.”であろうとしてくれたから、ずっと好きでいられた。そこが一番嬉しくて、大好きなところでした。だから、ずっと好きなまま永遠になりました。ありがとう。


【セットリスト】

Suturday night to Sunday morning
Summer time
D.A.Y.S.
誘惑のパーティー
GHOST PARTY

day trip
TOWN
スタート

baby I love you
二人のストーリー
your my girl
looking for you

Beautiful Life
ホットチリソース
oh,yeah
Juuuump!!
お手上げサイキクス
スペシャルセッション~
TUNE IN!!
恋したらベイベー
LISTEN THE MUSIC
ピュアなソルジャー

 

(アンコール)
約束
Keep on rainning

サンキュー

 

(Wアンコール)
Beat goes on
サマータイムラブ

 

 

 

 

 

 それじゃまたね。

わたしの星 2019年に寄せて①

f:id:yurivsky:20190829174443j:image

 

2014年以降、私にとって夏とは二分される季節となった。

「わたしの星」のある夏と、ない夏だ。

2014年、2017年、そして2019年。

今年もまた、「わたしの星」がある夏がやってきた。

 

https://www.ytv.co.jp/watashinohoshi2019/ 

 

 「わたしの星」とは何かと簡単に説明すると、劇団ままごとの柴幸男が書いた現役高校生の為の戯曲上映プロジェクトである。キャスト全員と制作をサポートするスタッフを担う現役高校生をオーディションで集め、夏休みに10日間ほど上演される。2014年が初の試みとなり、2017年にも上演された。(一度台湾でもこのプロジェクトは行われている)

 国内での過去二回は東京の三鷹で上演、そして今年、初めて大阪で行われることとなった。

 

 2014年、たまたま本編の前の「公開稽古」の見学に行った私は、短い時間ですっかりその魅力にやられてしまい、予定では一回のところを数回、千秋楽の8/31には(当時は夏休み最終日8/31の設定のお芝居を8/31に千秋楽として上演していたんです。これを見ずして他に何を見ろというんですか!) 当日券を求めて朝から並ぶというハマり振りだった。

 2017年も勿論公開稽古から見学し、2014年との違いにも期待が膨らんだ。記憶では7回?ほど劇場へ足を運び、夏を燃やしてもらった。

 そして2019年、休み取得や予定やら諸処の兼ね合いで大阪へ行くのは諦めようと思っていた。上演が終わるまで情報を遮断しやり過ごそうとしていたところ、急に前日になって全ての段取りを整えて弾丸で大阪遠征を決めた。普段、ライブだって遠征は渋るのに、何も知らない(情報を遮断しているので)高校生の演劇を見るために大阪へ行ってしまった。あの時の決断力と行動力は自分のものではないと我ながら思う。

 

 

 「わたしの星」脚本は毎回設定がゆるやかに変わるけれど、描かれているテーマと大筋は変わらない。

 とある未来の地球の日本。温暖化で地球から火星への移住が進んでいるため、全校生徒が10人ほどの高校が舞台だ。夏休みの高校生が文化祭の準備を進めていく中で、いろいろな人間関係が見えてくるというストーリーだ。

 

【人と人との間の引力】がテーマで、ステージではいろいろな形で引き合う人間関係が描かれる。エンタメなので映し出されるエピソードに濃淡はあれど上下はない。どの関係にも理由があり、迷いがあり苛立ちがあり憧れがある。特別な悩みなんてない。いつの時代も、似た様な惑いを感じたと思い出せることばかりだ。

 でもそのどれもが「誰もが通るよね」なんて言葉で片付けたくないと思ってしまう。似ていても、それは現在進行形で誰かの「リアル」だからだ。

 作中で描かれるいくつもの引力は、いずれもスッキリと解決はしない。どこかにまだ余白を残したまま物語は終わる。そこがリアルな人生という気がして私は好きだ。現実はいつだって全てに白黒がつくものではないのだと、頭ではなく実感を伴って肌で知り始めるのが高校生なのかもしれないと思う。

 

 2014年、2017年と大きく2019年版が変わっていたのは、舞台上に異質な視点を持つ存在(メイ)が登場していたことだ。基本的には二人一組の関係性に関するエピソードが折り重なり、抱えている葛藤を解決することで物語は進んでいく。その輪の外から来る存在として、ヒカリという存在は異質だが、メイはそのヒカリとも大きく異なっていた。メイは2019年の女子高生。舞台となる未来の女子高生と同じ制服を身につけてはいるものの、その存在は誰にも(正確には感じることが出来るキャラもいるが)見えない。いわゆる「狂言回し」のような立場ではあるが、誰かに影響したり物語を大きく進行させるようなことはほとんどない。主にステージ脇の楽器が置かれた場所から、高校生たちの成り行きをずっと見守っている。時に鍵盤ハーモニカで伴奏し、ステージで展開される物語に感情を寄せているこの子はなんなのだろうかとずっと引っかかる存在だった。最後の最後に、霊感のあるモモだけが彼女に激しく反応する。「わたしたちを見て簡単に『かわいい』なんて言わないで」正確な台詞回しは忘れたが、モモは強く苛立つ。「わたしたちは今、これで一生懸命なのだ」と。モモの放つ台詞は、メイに投げられたように見せかけて、そのまま場外への私たちにぶつけられる。私こそが、この舞台に奮闘する高校生たちを「かわいい」という言葉で消費していなかっただろうか? 高みの見物をしていたのではないか? 「かわいい」「青春だ」という言葉で簡単に名前をつけることが出来るけれど、その裏で演じている高校生たちにはこれがリアルなのだ。名前をつけてカテゴライズして処理したつもりになるな、そう言われた気持ちになった。ここへ踏み込んだ理由を、いつか柴さんへお聞きしたいなと思う。

 

 変化といえば、おやと思ったのが火星からの転校生ヒカリだ。ヒカリは体が弱く、余命幾ばくもない。そんな娘を思い、故郷のようなものだからという親の提案で地球へ越してきた。言ってしまえば、ヒカリは地球へ死にに来たのだ。しかし、前作まではそんな強い表現はなかったと記憶している。もう治らないから死ににきたのかな…となんとなく読み取る程度の、いうぼんやりしたものだった。しかしヒカリの独白で、この先ヒカリがどのような状況になるのかが具体的に語られる。このあたりの表現は、確か意図的に避けているという話があったように思うので、どのような変化が起こったのかと気になった。

 

 折り重なる様々なペアの中でも、その中心にいるのが主演のスピカと親友のサラだ。この脚本は基本的に本人の名前をもじられているが、スピカとヒカリだけは毎回変わらない。突然のスピカの転校騒動に巻き込まれる中で、個々のペアの葛藤が噴出していく。

 スピカは学校でもいつもみんなの中心にいるような人気者だ。先輩にも後輩にも好かれ、チャーミングを振りまいて生きているように見える。スクールカースト上位にいるスピカと、対照的に物静かなサラ。物語に散りばめられた沢山の歯車をまとめ、大きく動かしていくのがスピカの役どころだ。なので、スピカはいつも相手役の子を優しく包むような、包容力のある安定したいい子のキャラだったように思う。今回のスピカも基本的にはそれに沿っていたが、今までのスピカよりもダイレクトに感情をサラへぶつけていた。持て余すジレンマをぶつけてくるサラに、自分も正面からサラへぶつけていた。その意地悪な部分も素直に演じられていて、それがとても腑に落ちた。ああ、私の中での理想のスピカがいたなと感じた(他のスピカと比べてというわけではなく、あくまで私の理想で)。今回はこの子の引力で、私は大阪まで飛んできてしまったのだと思った。

 

 メイという異質な存在をいれた2019年版は、そのために各ペアの抱えるエピソードにより濃淡が生まれたなと感じた。最初はそこがさみしいなという気持ちが拭えなかったが、2度見てそれでよいのだと思えた。全ての関係をフラットに描き出すのが本質ではない。観客それぞれが肩入れしたくなる子がきっとそこにいるし、いない人はメイと肩を並べて群像劇を見守ればいい。むしろ濃淡をつけることで、一度しか見ない観客の焦点はより合いやすくなるのだろう。

 

 幸い2回見るチャンスに恵まれたので、個々のキャラに関する感想も別に書き留めておきたいが、自分の中で大きく感じたことを述べただけで結構な長文になってしまった。また別途、ブログにしたいなとは思います。

 

 とにかく今年も見応えのある、大変によいものを見させていただきました。大阪まで行って良かったです。ありがとう。

 

 そして今年も、わたしはこの言葉を噛み締め夏を終わりにしました。

 

 

星に引力があるように人にもきっと引力がある。

たとえどれだけ離れても、あなたはずっとわたしの星。

 


f:id:yurivsky:20190829174747j:image

 

 

 

 

追記:

これは舞台とは直接関係がないが感じたことなので正直に付け加えておくと、今回は公演中どの回もソールドということは無かった。その一因として、チケット代の値段があるのではないか。私は大阪の舞台事情は全くわからないが、「現役高校生によるひと夏の舞台」と聞いて興味をそそられても、3800円はなかなかに高額ではないだろうか…。私だけですかね…。そこそこ小劇場系の舞台に通っていたこともあるので、舞台がどうしても相場的にそのくらいはかかるということは承知している。この世界観にハマって東京からはるばる足を運ぶ私が言っても説得力に欠ける気がするが、衝動で飛び込むにはハードルが高い値段設定だった。例え地元でやったとしても、普段舞台を見ない人に、私のレコメンドを信頼して3800円出して!とはなかなか言いにくいなと思ったのは正直なところでした。三鷹はちなみに一般前売りで2500円でした(当時)。公共のホールなどの環境に助けられている部分は大いにあると思うのですが、本当にありがたいことだなと心から思ったのでした…。三鷹ふるさと納税したいという感情でいっぱいです…。

とあるアイドルの【神対応】

  先日、とあるアイドルのライブ後特典会に並んでいた時のこと。特典会と一口に言ってもその内容は現場により千差万別なので軽く説明しておくと、そこはメンバー個別のツーショット撮影のみ。各メンバーがずらりと横並びし、その前にオタクが列を作り自分の番を待つという形でした。


 撮影したあとにメンバーと話せる時間があるレギュレーションなので、まあまあ時間がかかるのですがひたすらに待つ。だんだん自分が並んでる子が近づいてきたのですが、今並んでる子を見つめるのはなかなか恥ずかしく、ガン見すると他のオタクに対しても申し訳なさもあるので、隣のレーンの子をそれとなく見てた時のこと。
 
 隣の子はグループでも上位人気メンで、可愛いけど中身がさっぱりしてて媚びないし、笑顔振りまく~!って感じのタイプではない自然体な子で。あ~今日も可愛いなーなんて見てたら、その時に接触してたオタクの男性が背中しか見えなくてもめちゃめちゃ緊張してるのがわかった。シャイなのか、女性慣れしてないのか、会話は聞こえないけれど、ぶっちゃけ全然盛り上がってないのが傍目から見てもわかる。いたたまれなくなったのか、どんどん下向いていく男性。そんなんじゃせっかく順番が回ってきたのが無駄になっちゃうよ!(時間的にループ無理)頑張れ!!って、推しの名前が書かれたTシャツの背中が丸まっていくのをうっすら見守っていた。
 
  その内に新衣装の話にでもなったのか(話の内容までは聞こえなかったし失礼なので耳を澄ますとかはしてない)、彼女がオタクをまっすぐ見て自分のことを指すような素振りを見せて「かわいい?」って聞いた。不思議とそれだけハッキリ聞こえて。そこで彼は顔を上げてこくっと頷いて「……かわいい」って言えたのかな、彼女が満足そうにありがとーってニコニコしているのが見えた。それでその後ふたり多分笑いあってて(私からはオタクの顔は見えない)それ見ててうわああああなんだこれめちゃめちゃいいなあ………………って。
 
 私たちは列の先にいる子に、「可愛いよ」「好きだよ」って言うために並んでるんだよな~って改めて思った。でも「可愛い」ってめちゃくちゃ全身で思っててもその一言を言えない人もいて。そんなシャイな人から自然に「可愛い」を引き出してるそのアイドルちゃんのこと、尊敬した。短い時間だけど真剣に、自分の列に並んでくれるオタクをちゃんとひとりの人とみて、気持ちを汲んでくれて。本当の【神対応】って、こういうことなんじゃないかなって思ったのでした。
 
 特典会の対応って派手な話ばかり語られがちけど、こういうささやかだけど涙が出ちゃうようなふたりだけの幸せな瞬間が、会場のあちこちで起きてるのかなって思うとめちゃくちゃ愛しい。
 
 

JABBA DA FOOTBALL CLUBの #住み込んじゃってすいませんf(^^;に参加しちゃってすみません

■まえがき

 すみません。と、謝罪から入ります。JABBA DA FOOTBALL CLUBに対して詳しくも無いニワカの自分がこんなの書くのもな~って正直思うんですけど、きっとこれを読んだら友人が二人くらい圧に負けてチケット買うんじゃないかな~って気がしているので、予感がしているので、やや確信に近いものがあるので書きました。理由はなんにしろ、チケットが売れたらそれはいいことだと思うので、読んだら勇気を出してチケット買おう。そうしたら非難されても私は生きていけるので宜しくお願いします。あとはいつもの老後への備え、自分の為の記録です。

 尚、可能性が薄いとは思いますが、普段の他エントリとは文体が全く違うとお気づきの方もいるかもしれません。気にしないでください、全部自分が書いてます。

 では、腰をめちゃくちゃ低くしたところからはじめます。

 

■JABBA DA FOOTBALL CLUB とは?

 すみません。再度謝罪からはじめますけど、私も知ってからひと月弱のニワカなので説明できません。日々学習し知り進めている最中です。

 だもんで、さっくりオフィシャルHPから抜粋しておきますね。

 

2014年結成。オマケクラブ所属。 結成後、すぐに1st Album「QUEST」を500枚限定で発売し即完売。自分たちの居場所をつくるためのレギュラーパーティー「NEW VACANT STORE」の開催や、ジャンルを問わないイベントへの出演で精力的に活動。2nd Album「OFF THE WALL」 発売。Spotify2017年注目の新人への選出・全国ツアーの成功・サマーソニックやベイキャンプなどの大型フェスへの出演を果たし、バンドシーン・ヒップホップシーンの垣根なく活動する無二の存在となる。
最新EP「FUCKING GOOD MILK SHAKE」はタワレコメンに選出され、認知度・実力ともに急上昇中のヒップホップグループ。
全員の体型が分かりやすく異なっているところがポイント。ROVIN(チビ)・BAOBAB MC(デブ)・ASHTRAY(ガリ)・NOLOV(中肉中背)ドタバタと騒がしい4人をどうかよろしく。

jbfc.jp

 

■「#住み込んじゃってすいませんf(^^;」とは何か?

  そもそも、JABBA DA FOOTBALL CLUBという名前とアー写は知ってまして、でも音源にタッチするところまで行かなかった間柄でした。それが5/30のexpop!!!!で邂逅を果たしまして。とにかくめちゃくちゃライブが楽しかった。ステージの隅々から陽の気に溢れた彼らはメジャーデビューを数日後に控えており、来月からはワンマンツアーを周ると言う。そうなんだ~とニコニコと聞いていると、不意に彼らはわけのわからないことを言い始めた。

 

「チケットが売れてなくて、東京がホームなので名古屋と大阪が弱い」→わかる

「なので、メンバーが1ヶ月宿無しで大阪と名古屋に住み込んで手売りすることにしました」→わからない

「ひとりは山篭りして曲を作ります」→・・・まあわかる

「場所は国分寺です」→山じゃねえ!!

「その模様をDVDにして、チケット前売り買ってくれた人にライブで配ります!!」→???????

  意味わからないですよね。自分はわかりませんでした。わからない時、笑って受け流すのは自分の悪い癖で。まあ笑って流しました。その後もどのグループもめちゃくちゃ楽しくて、いいイベントだな~って私は特に何も買わず、物販にいるメンバーを横目に、早速今見たばかりの各グループの音源をサブスクでチェックしつつ、帰途へつきました。サブスクってほんと便利。一生世話になりたい。

 それとともに、なんとなくMCで言ってたのが引っかかっていたんですよね。SNSって便利です。ふとのぞいたのが決定打でした。・・・私が説明するよりこっちのがわかりやすいので見て?

 

 

 

 ということで。
 毎日企画の為に更新される、各種SNS追いかけてたらすごく楽しくなっちゃったんですよね。勢いに巻き込まれたというか。メンバーがそれぞれ、毎日の出会いとか未知の地での発見を新鮮な気持ちで教えてくれるのってすごい。心の緩急が手に取るようにわかってしまうのは怖い面もあるよなって私なんかは怖気づくけど、それどころじゃないメンバーの頑張り見てると、一回しかライブ見てないのにすごく親近感が湧いてしまい。そのライブは間違いなく良かったので、じゃあ折角だし私も企画参加しちゃおっかな~手売りチケット買おうかな!毎日楽しませてもらってるしな~という安易な気持ちで乗り気になりまして。じゃあ東京で手売りしてるノルオブくんにコンタクトを取るぞ・・・というところで、ふと気づいた。

 


f:id:yurivsky:20190626175139j:image

「話したことも無い人に連絡するの、めちゃくちゃ怖くない・・・?しかもアー写、なんかいかつくて怖い!!!!」(ひとみしりの極み乙女)

充分怖いです(左の金髪の人が東京担当のノルオブくん)・・・。

そもそも、手売りで道端でチケットを買うって、結構レア体験ですよね。ハードルが高い。でも私は実はその経験がありまして・・・・・・、その時手売りでチケット売ってくれたバンドマンの画像がこれなんですけど。

 



f:id:yurivsky:20190626175244j:image
SANABAGUN. &The Throttleの高岩遼さんですね、当時25歳

ドーーーーーン!!


f:id:yurivsky:20190627230133j:image

メジャーデビュー当時のアー写。お、お、おっかね~~~!!!!

  あれ?でも、どうみてもこっちのバンドのアー写のが怖い!!じゃあ平気じゃん。この人から買えたんなら平気じゃん。命はとられない。


 なんとなく腑に落ちた自分がいたので、このテンションが下がらないうちにと即連絡(私はツイッターのDMにしたけど、インスタでもOKなので各自好きな方でいこう)。

即レス。
マジで即レスだった~!!

 ノルオブくんは毎日、稼働時間と大体の場所をSNSで提示してくれてるのだけど、少しはみ出させて貰いまして、私は吉祥寺にしました。理由があって、吉祥寺のタワレコはジャバを熱心に応援していて、フリーペーパーまで独自に作ってると。6/16に新宿タワレコでインストアイベントがあるので本当はそこに行きたかったのですが、用事があり行けないので、それならば熱意のあるお店で買いたいな~と思っていたのでした。
 ノルオブくんと時間のすり合わせをしつつ、店舗へ電話して初回限定盤をお取り置きしてもらう手回しのよいオタク。無事に確保でき、仕事終わりに吉祥寺で回収しつつ待ち合わせの約束をしまして・・・・・・え、仕事終わりに異性と待ち合わせって、それってそれってデートじゃん!!!!!やば!!!!!笑
 まあ、そんな冗談でも言わないとやってられない程度には緊張してました。数回交わしたノルオブくんからのDMからは勢いと元気が溢れてました。

 

 恙無く仕事を終え、吉祥寺に赴きCDを購入。余談ですけど、貰おうと思っていたフリーペーパーはお取り置きの時点で自動的にセッテイングされてました・・・お気遣いありがとうございます。

 ここでふと気づいたのは、細かい場所を決めてなかったってことです。え、バカなの。駅に向かえばいいのかなあ・・・と思いつつビルを出たあたりで、ノルオブくんから連絡が。「タワレコの方まで行きますよ!!」とのこと。ありがてえ・・・お気遣いが半端ねえ・・・。その方が人も少ないしわかりやすい!と思い、お言葉に甘えて待つことに。10分ほどで無事にお会いできました。

 チケットを受け取って終わり~って思っていたのですが、めちゃくちゃお話してくれて30分くらいいろんな話をしました。初めて見たライブがとてもよかったと言う話を聞いてもらい、おまえそれくらい知ってろよってなことも聞いてしまったかも知れないけれど、丁寧に一生懸命話してくれました。初対面なのに!CDとチケット買っただけなのに!!アイドルの特典会だったら長くて1分くらいなのに!!笑

 私は先日のexpopでジャバのライブを初めて見てめちゃくちゃ楽しかったので、今回ライブへ行こうと思いましたと伝えたら、本人たちもすごく手応えがあったライブだったそうで、「あれ見て好きになってもらえたの嬉しい!!」って喜んでくれました。ちなみにですが、ノルオブくん、会話の最後全てに!!付く感じです。

 「チケット買ってくれるって本当にすごい。自分も見に行っていいなと思ってもすぐには買わないと思う。チケットを買ってくれるって本当にすごくありがたいし、特別なことです。だから絶対にいいライブにします!!今はexpopが最高だったけど、ワンマンはもっといいライブにするから来てくれて嬉しい!!」みたいなことを言われ・・・。こんなに喜んでくれるのかと。いや、全ての演者さんがもしかしたらみんなこんな気持ちでいてくれてるのかもしれないけど、それってわかんないじゃないですか。それが、本人から直接言われるのは貴重だなあって・・・めちゃくちゃじーんとしました。本当に期待してます!というと、「勿論!・・・でも俺ら、意気込みが空回るところが・・・」と、急に何かを思い出したのか弱気になるノルオブくんに、つい「え、そんなんじゃダメ!最高を見せてくれなかったら、そしたら次(のライブへ行くのが)がなくなります!!」とおたくの本音を漏らしたところ、「ハッ、それはそうだ!絶対にそうさせないんで!!これで最後にさせないから、絶対に!!!!」と言われて。めちゃくちゃきゅんとしました。その率直さに。

 

 ファンは・・・結局これが言われたいんだな・・・って気づいた・・・。別にライブで失敗してもかっこわるくてもそんなんで嫌いには多分ならなくて。ただ、その時点での最高の本気の全力を見せて欲しいんだなって・・・・・・なんか・・・・・・本気って強いなって。人を動かすのはいつだって本気だなと(いろいろ思い出している様子)。

 

 この企画はめちゃくちゃ荒唐無稽な力技だけど、演者とファンの距離が近づく。ライブ来てねー!という言葉が自分に降り注ぐ。巻き込まれる。毎日のメンバーの動向を知りたくなり、大丈夫かなあと心配する。どんどんこの企画の、当事者になっていく。顔を合わせるってすごいパワーなんだなあと感じた。もしかしたらステージに立つ人も、自分たちを好きって言って応援してくれる人がどんな人か知りたいのかもな・・・って思いました。顔が見えたら変わることってきっと思ったよりも沢山あって。ステージに立つ人も、SNSの向こう側の人も、みんな生きてる人間なんだよって・・・話が大きくなってきたけどそんなことを改めて感じた。未知の地でひと月奮闘した他のメンバーは、絶対にその土地と出会った人に愛着が生まれるだろうし。なんてピースフルなんだ・・・・・・。この陽の気で台風の一個くらい散らせるのでは?

 

 この話をした友人がまたチケットを買いに行ったり、インストアイベント行ってチケットも買ったりしてて、自分のように知ったばかりの人も急激に好きになるチャンスがある企画だったな~って思うので、残りあと数日ですがどうですか参加してみようよこのイベントに!って数名の友人を思い浮かべながらこのブログを書いた次第です。もう6月も終わるし企画も終わっちゃうよ~!

 

 ライブって、チケット買った時点から始まってるって思っていたけど、それをよりいっそう感じたのでした。

 本当に楽しみだな~。

 

■メンバーへの連絡方法

各メンバーのSNSへ、勇気をだして連絡だ!

・ノルオブ(東京公演)

@jiro_no_musukoノルオブ / 山田大介 (@jiro_no_musuko)さんをチェックしよう https://twitter.com/jiro_no_musuko?s=09

https://instagram.com/handsome_kanemochi?igshid=1dl9miapu9m95

バオバブ(東京公演)

🅱🅰🅾🅱🆎Ⓜ️©️™ JBFC (@BAOBABMC)さんをチェックしよう https://twitter.com/BAOBABMC?s=09

・アシュトレイ(名古屋公演)

ASHTRAY(アシュトレイ) (@ASHTRAY_JBFC)さんをチェックしよう https://twitter.com/ASHTRAY_JBFC?s=09

https://instagram.com/ashtray_jbfc?igshid=on31wv0lgs4a

・ロビン(大阪公演)

https://instagram.com/jabba_rovin?igshid=1nklip0k3j6x8

 

 

■追記

  前売り買うとワンマンで貰える特典映像の情報がチラリと出ました~!!!!わー!!楽しみすぎるー!!理由なんだろう…

 


『新世界』(full ver.) - JABBA DA FOOTBALL CLUB - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■おまけ

 

 

That's what I call Shiggy Jr. に寄せて

natalie.mu

 

That's what I call Shiggy Jr.

  直訳すると「それが私がShiggy Jrとよぶものだ」

 

  この2週間ずっと迷ったけれどいつものように文字に残そうと思う。前例を踏まえ、例えそれが辛いきもちでも残しておいた方が自分は結局良かったと思えたからだ。
  とはいえ内容がセンシティブだから多分自分の気持ちそのままを書くことは出来ないし、それでも誰かを傷つけるかもしれないのでやめたほうがいいのかとも考えたけれど、この生々しい傷口もいつかはかさぶたになって輪郭がぼやけてしまうのなら、それは大切な思い出のひとつが消えていくことと同じだから、やはり残しておこうと思います。自分のために。

 

 

 

  2019/6/5、Shiggy Jr.からバンドの解散が伝えられた。

 

  この時に限って私のスマホはツイート通知を上手く拾ってくれなくて、シギー友達からのLINEでバンドから重要な報せがあったことを知った。急いで公式のツイートを開く。

 

 

  一呼吸置いて、メンバーコメントを読もうとしたが気が動転したのか、すぐそこにあるリンクがなかなか探せなかった。メンバー個人からもツイートがあったのでひとつずつ目を通す。でもどこにも、私が望んだ言葉は無かった。


  2019年9月7日に、Shiggy Jr.が解散します。

 

  言葉にしたらこれだけのことだけど、喉の奥がカッと熱くなって小石が詰まったかのような重みがとれないままだ。
  斜に構えた言い方に聞こえてしまうけど、予兆はあった。Vo.池田さんのずっと動いてきたツイートが、動かなくなったからだ。好きになってから彼女はバンドのフロントマンとして沢山の想いを綴り、時にリプライで時にいいね!でファンを愛してくれた。その動きが止まりひと月近くなった頃、(これは・・・)という思いが過ぎったのは確かで、ひっそり事務所のHPを見に行ったりした。
  そこからまたひと月も経たず、こういう報せを受け取るかたちになったのですが。

  メンバーからのコメントはどれも本人の声で再生できるような、自分で一生懸命に想いを、言葉を伝えたい相手をしっかり思い浮かべて書いたような文章だった。この期に及んで四者四様の「らしさ」に満ちていて、泣きながらこういう真面目で真摯な4人が大好きなのだと再確認した。文面には感謝も謝罪も、無念も決意も全部が載っていて、バンドとしてのこの7年、大切な人生のひとときに自分も寄り添えたんだなと思えた。きっと、思い浮かべたファンの中に自分はいるんじゃないかなと言う驕りのような確信。バンドの歴史全てを見ていた訳では無いけれど、インディーズ時代からメジャーデビュー、移籍から今に至るまでこの5年弱は見守っていた自分にとっても本当に濃い時間でした。今回の報せを受けて、こうすればよかったな~という後悔も自分にはないです。ずっと好きで大切な存在でいてくれて本当にありがとう。

 

  ファンと演者は絶対に同じステージに立てないし、本当のことなんて何にもわからない。それでいいんだろうとも思う。彼らが見せてくれるのはステージの上の世界で、彼らの心や人生は見世物ではないのだから。そう基本的には思ってはいるものの、どうして?と思う自分もいるというこの矛盾。でもどこかで、丁寧に見ていると何かが嗅ぎ取れてしまうこともあって。SNSというツールのおかげも大きいけれど、ライブへ足を運び、インタビューなどのメディア露出に触れ、日々作品を本人たちを大切に思う気持ち。そんなことを重ねていくうちに、言葉に出来ない思いや変化を汲み取れる人間の繊細さを感じずにはいられない。偶然、じゃないんだろう。すぐ隣にいるわけでもない人のことを慈しみ、思いやることでも人は親しくなれるのではないだろうか。それを愛と呼んでも許して欲しい。

 

  出会ってから約5年弱って正確にはまだ終わってないけど、いろんなところに連れて行ってくれて、いろんな景色をこちらからも見せてもらいました。びっくりするほど大勢の人の前で立っていた姿も、笑っちゃうほどお客さんがいなかったイベントも、なんのこっちゃわかんない催しも、全部いつだって真摯に取り組む4人は、最高を更新してくれました。何より「POPとは強くないと出来ない」という新しい価値観と、いつだってキラキラした楽曲で人生に彩りを添えてくれてありがとう。………こんな言葉を差し出すのはまだ早い。口が上滑りしている気がする。あんなに素敵なステージを、あと1回しか見られないという実感がないのが本音で。今はそれしか思いつかない。まとまらない。

 

  最後までしっかり見届けそして見つけます。「That's what I call Shiggy Jr.」を。すごくいいタイトルだなって思う。前向きだ。

  報せを受けてからずっと怖くて聴けなかったシギーの曲を、今日はゆっくり聴こうと思います。

 

  当日は少しでも多くの人が、赤坂の餞のステージへ足を運んでくれることを全力で祈ります。少しでも気にかかるなら行こ!!最後なんだから。

 

 

   最後に。
  本当は解散ライブなんてしなくても自由なのに、それでも最後の姿をファンに焼き付けさせようと決めてくれたこと。その場を設けてくださった事務所他、シギーを支えている周りの方にも心から感謝をしています。最後のステージはあって当たり前とは思っていないので・・・。最後まで細やかな愛情をメンバーにもファンにも注いでいただいてありがとうございます。ここに書いても届かないですけど。万が一にでも。

 

 

 

 

 

 


f:id:yurivsky:20190623134111j:image

mol-74「Morning Is Coming」ツアーat.赤坂マイナビブリッツ 2019/06/07


f:id:yurivsky:20190613142835j:image


f:id:yurivsky:20190613142850j:image

 

 初めてmol-74のワンマンへ行くことにした。メジャーデビューアルバムを携えた全国ツアーの最終日。
ライブは一度だけ、3マンイベントで見たことがあった。音源はその前から聞いていたことがあり、そのイベントもよかったのでワンマンへ行ける機会を窺っていた。二階席を譲っていただいたので、しっかり座って堪能できると期待。

 

 ところでこのバンド名、初見では読めないですよね。「モルカルマイナスナナジュウヨン」だそうです(以下、モルカル)。

 

 最初に謝らなくてはいけないのは、初めて見るワンマンライブなのに私の精神状態が全くフラットではなかったことがある。この2日ほど前に、自分の中で数年にわたり大切にしていた存在のバンドが解散することを発表した。無関係と言われてしまいそうだが、実はモルカルのライブを見たきっかけが、そのバンドとの3マンであったので、どうしてもその頃のことを思い出してしまう。非常にナイーブで不安定な状態でライブを見るのは気が進まない部分が正直あった。全く誰にも責任は無くて私だけの問題なのは承知だが、やや辛い気持ちで二階席に着席した。

 定刻を少し回ったころ、吸い込まれるように光が落ちていく。ほのかな、最小限ともいえそうな光源に照らされたステージから、ゆっくりと音が零れてくる。ずっとライブのみの演奏で、この度のメジャーデビューアルバムに収録された「あいことば」からライブがスタートした。

 曲が終わっても楽器たちが余韻を引いて音を奏で続けているので、あの「エイプリル」のイントロの輪郭に気づいた時びっくりしてしまった。びっくりして、あの曲で一番好きなイントロのドラム聴き逃したのは大変悔やまれる。なんとなくだけど、もっとあとにやるのだと思って完全に油断していた。美しい曲と歌詞。この歌を生で聴きたいな、と思ったのが足を運んだ理由の8割を締めていたので、噛み締めるように聴いた。まさか2曲目でスカートが濡れるほど泣くとは思わなかった(着席で見ていたので)。

 

 涙が出たことで余計な気持ちも一緒に出たのか、そこからはよりステージに集中できた。

 

 モルカルはライブ中、ほぼずっと照明を落とし気味だった。少なくとも2階席からは、あまり表情は見えない。
 MC以外は、曲間でも音が途切れることがなかった。曲と曲が繋がっているように繊細な余韻を残していく。全部の曲がまるでひと繋ぎになっているかのよう。なので、拍手をするタイミングがあまり無い。じっとステージを見守る観客。息を潜めて文字通り「見て」「守る」聖域という印象。でも観客はどこかで自分の存在がステージの上に影響をもたらしているのをわかっている。こういう相互関係もいいな。余白が信頼で満たされている。それが心地よかった。会場に集まった人の大切な場所を覗かせてもらってる気がした。

 我を忘れるような熱狂は無い。しかし、痛いほどに繊細な静けさの中に祈りにも似た感情が満ちていた。そして上の席から見ていると、一見変化の無い観客の中に、あわだつような変化を感じた。暗いとわかっているのに、眼を凝らしてしまうのは何故だろう。視覚的な変化があまり無いせいか、音に集中できる。ぼんやりとした暗闇に、これまた全身黒い服を着たメンバーが立っている。黒にも強弱があるのだ、と気づいた。


 そう、髪色も衣装も黒だし、ステージも基本暗いのだけど、最後に不意に朝日が昇ったような照明になり(なるほど「Morning Is Coming」)と気づく。黒を味方にした4人は、強く照りだした朝日に負けないくらい強くしなやかにステージに立っていた。


 印象的なMCとしては、「Saisei」を出した時、これで何も変化が無かったら解散だって思って、誰の意見も入れずに自分たちのかっこいいと思うものを追求した。そしてこの作品がメジャーデビューに繋がったという話をしていた。そういう覚悟がある人達だから強いんだなって思う。この話からの「□(StarT)」の静謐な空気感、ちょっと忘れられない。熱心なファンらしい隣席の人の肩が、イントロで跳ねた。

 あとアンコール明けに、トーク下手というリズム隊が出てきて一生懸命MCしてて、ドラムの坂東さんがカンペ読み上げてるのに二階席からも見えるほど手が震えてて和やかな笑いを誘っていた。

 

 初めて見られたモルカルワンマン、いいものを見ました。終わった直後より、何故か今の方が印象が強いライブだった。

 

 

 生で聴いても一番好きだった曲を置いておきます。MVもすてき。彼氏目線の女の子はこんなにもかわいいのか。途中のとあるシンプルな【仕掛け】も好きです。


mol-74 - エイプリル【MV】

 

【極私的会場メモ】※立ち寄りの際の情報と個人的な感想なので、現状と変わっているところなどあるかと思いますが、ご参考まで。

待機場所は外(階段)。隣は劇場なこともあり、スペース広め。赤坂サカズなど付近(赤坂駅)にお店アリなので、会場前にトイレも使える。場内バーカンひとつ。ロッカースペースわりと広いし、通路外なので使い勝手よい。

 場内最後方(段の上)は、二階席がわりと低めに迫っているので人によっては圧迫感感じるかも。

SANABAGUN.「son of SNB.」2019/1/12 at.下北沢ガレージ 

 f:id:yurivsky:20190610154207j:plain

  半年も前のことをあたかも先日かのごとくしれっとブログにしてますが、どうして?などの疑問は受け付けませんし、自分も謎に思っています。あまり体裁も整えていませんし、ツイッターのレポから貼ってます。備忘録。 あと万が一、関係者のどなたかがこれを見たら思い出して欲しいのです。見てくださいこの看板。「Channel 378主催」というこの冠を・・・!!

 

 サナバワンマンのOAを決めるためのイベント!と銘打って開かれたイベント。観客はそれしか知らされておらず、当日入場するとステージ前にステージに向かって椅子とテーブルが審査員席(メンバー席)として置かれており、その後ろに観客は立つ形。
ステージの上には楽器がセッテイングされていたので、どんなコピバンがくるのかな~と楽しみにしていたところ、司会進行の大熊Mに続きメンバー、そして一組目が登場。演奏が終わり、メンバーも真剣に一人ずつ感想を述べる。じゃあ二組目の登場です!二組目は・・・・・・・・・いませんでした~!!!と大熊さんが言い終わらないうちに、メンバー全員でズコーッ!!!(ご丁寧に全員コケてた。練習したのか?)

 しかしイベントは終わらない。メンバーがステージに上がり、トークショーがスタート。新年らしく今年の抱負などから始まり、メンバーへの質問コーナー(急に)。書初め大喜利大会を挟みビンゴ大会(明らかにサナバ夏祭りの残り)。そして最後はミニライブ(ビンゴの一等賞がサナバに今やる曲をリクエスト!!豪華!!)で終わる。気がつけば2時間以上楽しませてくれたサナバ。無料イベントなのに!!


 サナバのサービス精神を煮詰めたようなイベントでした!笑った……時間めいっぱい楽しませて貰いました。

 

 

以下、自分のメモツイートより抜粋

 

 

・サナバガン大喜利大会一番盛り上がったお題がこちら

  ぺーちゃんの理由が一番面白かったんですけど、ノンノンツイート令が発令したので言えません。とにかく、お兄ちゃんたち全員泰平くんが大好きなんだと思えるエピソード満載でした。

 

・質問コーナー、いろいろあったけどこんな話題が(ベボベのこいちゃんの影響・・・・・・?)

 

 

 

 

 紘一くんの妄想恋バナトークタイム、面白すぎました。

 
・質問コーナー、私が聞いてみた質問の答え『ライブでやりたくない曲は?』

 

 

 

 

  好きな曲は聞かれてそうなのであえて逆を聞いてみたけど、答えもそれぞれ個性的でした。

 


・最後のミニコピバンライブ

 ビンゴで一番乗りしたのは友人でして、路上からサナバ見ている人なので白盤からいくつかリクエストした中で「カマドウマ」メンバー全員苦笑い。そして「ワーニング」これはさっきのコンテストで演奏された曲!!コピバンと本家のメンバーが入り混じり、大いに盛り上がってイベントは終了。

 

 

 

 なんてサービス精神満天なバンドなんだ・・・。
大好き。かっこいいだけでも充分に勝負かけられるのに(「むしろわかりやすくかっこいい方が人気が出るのではとわかっているけど、でも俺たちはこうやりたい」遼くん談)これでもかとユーモアを提供してくれる。サナバのいいところって、この両面の魅力のバランスなんですよね。かっこよくキメるのもおふざけも全力。だから飽きないし、ずっと見ていたくなる愛しさ。どこから入っても結局はバンドを愛してしまう。
 

 コピバン大会なんだからコピバンで終わるのもすごく良くて。出場した学生さんと楽しそうに演奏しているのを見て(これがやりたかったのかな~)って思いました。ベースの子が上手く音が出せなくても、俊樹と遼くんが『音は(間違ってても)なんでも出てればいいから!やれるから!!』って言ってて、そういう敬意をきちんと払えるところ、ステージに乗っちゃえば仲間じゃん!というところが大好き。そう思えたイベントでした。

 

 

 


なんの流れでこの話になったのかは忘れたけど、これは後世に伝えて行きたい。

 

【結論】
謎イベントは這ってでも行け。

 

【極私的会場メモ】※立ち寄りの際の情報と個人的な感想なので、現状と変わっているところなどあるかと思いますが、ご参考まで。

・下北沢garage キャパ200人 アクセス 下北沢駅徒歩6分

待機場所は階段上(路上)住宅街なので注意。付近にローソン。

隣の「侍」というカレー屋さん美味しいです。並ぶけど。

ロッカー会場内に数個。ソールドの時はクローク受付あるかも?

バーカン、缶や瓶の提供。ステージは会場の広さにしては高さは普通。特に見えにくい場所もなし。

トイレは男女共用でひとつしかない!!!!!頻尿の人は気をつけて。御武運を祈ります。

 

 

高岩遼トークイベント【DIVE INTO MUSIC. 2019 WINTER】at.ディスクユニオン立川店 2019/02/17


f:id:yurivsky:20190220083541j:image

 立川ディスクユニオンにて行われた、 高岩遼さんのトークショーへ。


 レジ前にシンプルな設えのステージ。店内どこにいても聞こえてしまうアットホームなトークで、たまたま来店した人も少し話を聞いていたりトークで出てきた名前に反応していたりが見え、ほのぼのした雰囲気がとてもよかった。進行してくださった方も補足フォローや高岩遼さんの作品への理解がきちんと伝わって心地いひと時だった。


 イベントの主旨は、遼くんが選んできた10枚の盤からお気に入りの曲を紹介しつつ愛 を語る形式。よくある企画ではあるがその場で音源もじっくり聞け、時間もたっぷりで濃厚な時間でした。
 イベント90分くらいあったということからも、どのくらい濃密だったかおわかりいただけるのでは・・・。これはここにいる人だけじゃ勿体無いから配信しましょうよ~ って何度も思いました・・・。 遼くんが好きなものを大切に語るその言葉から、そのバッグボーンも好きなものへの愛情の深さも自身の活動に込めた思いも汲める内容だった。とにかく濃厚で、 これが無料で聞けるありがたさよ・・・。

 
 私は友達、まあ知らない誰かでも、誰かが好きなものについて熱をこめて語っているのを聞くのは好きだ。 その「好き!」という熱に浮かされている様子を見るのが好きなのかもしれない。ましてや好きな人が好きを語っている姿を目の当たりに出来るのは、聞いていて涙が出るほど嬉しい時間だった。


 ミュージシャンに対する触れやすい話題でもあるので、今までにいろんなメディアで語られていたこともあるし、ある程度追いかけていたら知っていることも勿論ありました。 でも声のトーンや話す時の姿勢、目線まで知れる機会は少ないので新鮮だった。何かメディアに記録されるわけでもない場所で、本人の声とリズムで、時間に追われるわけでもないのでせかされることがほぼなく。ライブハウスでもイベントスペースでもない「 ディスクユニオンの店内」という場所もあいまってとてもよかった・・・。学生時代、実際にディスクユニオンで琴線に触れる一枚を探していた遼くんの姿を想像できた気がします。


 うろ覚えですが紹介していた内容をざくっと。覚えているところを。
・VITAMIN X「AGE OF PARANOIA
~スロットルのマネージャーさんがメタルバンド? をしてて対バンしたのを見に行った。意外と聞きやすい。
スコーピオンズ
~ハードロックなのにドイツ人の真面目さが出てて心地よい。 日本人と相性がいい気がする。
・クイーン
~母親がクイーンの熱心なファンで、その影響で子供の頃から聞いていた。 二十歳の頃、母の大切なレア盤を持ち出してきた。
・ウィル・スミス
~ウィル・スミスのスターとしている姿勢が好きだという話( 下ネタは言わないとか)
レイ・チャールズ
レイ・チャールズの歌に感化され『レイ・ チャールズがいなければ俺はここにいない』 と語る遼くんが選んだのが、レイチャールズが唄っていない盤なの が面白かった。
憧れが募り、レイドバックという、リズムが深くて遅く聞こえるジャズの唄い方を一生懸命練習したと話してい た(もしかしたら、 シナトラのところで話していたのかもしれない…)
フランク・シナトラ
~「どんなに真似てもシナトラにはなれない」

スティービー・ワンダー
~「涙をとどけて」を小学生の時に聞いて涙した。 歌いたいけれど歌えないので、母親にカタカナで書いてもらった。 そのディズニー柄のメモが沢山溜まっていた。 このエピソードが好き過ぎる。
・キャロル
矢沢永吉も大ファンだけど、矢沢栄吉の前に、キャロルがある。 だから好きならばそっちも知らなくてはいけない。「涙のテディ・ ボーイ」がかっこいいのでイチオシ。
本田竹広
~通っていた高校の校歌を作曲された方。 この日聞かせてくれたのは、 その校歌と仰げば尊しをミックスしてアレンジした曲だった。 かっこよかった。


あとひとつなんでした?思い出せません…

 

 自分の活動内容や、リリースしたソロアルバム『10』についての製作トークも。

 参加して貰ったオカモトショウくんのことに少し触れた遼くんの話し方から、ショウくんのこと大好きなんだなあと伝わってきた。 同世代で自分と同じくらいシナトラ愛が深いのが嬉しいのかな。

 今の時代かっこよさだけを出した方が売れるのはわかっているけど、それはしたくない。自分はやはりユーモアを出したい。それはサナバもスロットルもそう。だからソロアルバムにもinterludeを入れてみた。 Yaffleのアイデアで、アレがあるから面白みが出て作品のいいクッションになったという話から、やはりエンターティナーだなあとしみじみ。


 遼くんが持つ憧れとか尊敬の念は、ジャンルを越えている。それが彼の持つ多面性だし、面白さに繋がってるから耳が飽きない。 そして彼は美学がある人が好きなんだと思った。それぞれに対して、 好きな音だけじゃなくてその人そのものにもとても興味があって、その対象が持っている美学に共鳴している。最初は作品から入っても、その後にしっかりとその人を好きになっているところが多いように感じた。そういうマニア・ オタク気質なところも親御さんから受け継いだんだろうなと話を聞いて思った。


 今後は暫くソロ製作の予定はない。じっくりと時間をかけて作ったので『10』を聞き込んでくれたら嬉しい。サナバもスロットルも今年は沢山動いていきます。俺はいよいよ体が二つに割れてしまうのではないかと、そんなことちっとも思っていないように頼もしく笑っていた。なのでどうぞ宜しくお願いします!とイベントは締めくくられた。(わかりましたついていきます!!!!!! !!好きです!!!!!)

Laika Came Back 「立冬の砌 」at.東京 日本基督教団 根津教会 2018/11/23


f:id:yurivsky:20181128184411j:image


f:id:yurivsky:20181128184457j:image

 いつもの足取りで彼は入室してきた。そう、私たちがよく知るあの軽やかな足取りで。片手にギターを携えて。


 進むだけで空気を切り取るような、背筋が気持ちよく伸びた背中。文字通りの意味で顔色を伺う、心配そうな顔たちへ向けて、ちょっと照れくさそうにしつつ小振りのアコギを抱える。元から色白だけど今日は一段と白いな、というのが正直な感想だった。


 深くしなやかなお辞儀と共に、一曲目が始まる。

 

 彼の演奏は「ひとり」だ。弾き語りではなく、ギターひとつで全てのパートを奏でる。弾き、こすり、叩き・・・この手元から生まれる音はもしかしたら無限なのかなあと思うくらい幽玄で多彩だ。足元に置かれたルーパーエフェクターを器用に使い、演奏していく。その日その時の音は車谷さんだけでなく私たちの息遣いまでも取り込めるような気さえして、いつも息を潜めて耳をすませてしまう。


 一曲ごとに、足元の機材を少しいじる間、拍手もせずに彼の準備を待つ時間が発生するのだけれど、この日はなんだかいつも以上に静謐で輪郭が濃いように思えたのは、そこが教会という神聖な場所だったからだろうか。段上には分厚い聖書が置かれ、白い壁によく映えていた。傍らに百合を中心に白い花ばかり活けられた大きな花瓶。花瓶の前で生まれる音の波動で空気が振動するのか、演奏中に時折強く百合が薫るのが印象的だった。

 

 ライカとしての持ち曲はほぼ演奏したのではないだろうか。手元に置かれたセットリストには、びっしりとタイトルが書かれていた。少ないMCの中で何度も「今日は僕の少ない親友たちの協力で開催することが出来た」と愛しそうに繰り返し「予定通り、削ることなく全て演奏することができました」と嬉しそうに笑う顔がまぶしかった。急病で直前のライブをキャンセルしたことについては一言も触れなかったが、ファンが心配しているのを知らないわけがない。その一言が全てを伝えてくれたと思う。

 

 オリジナル楽曲はいつものごとく素晴らしいけれど、今回は「この歌が好き過ぎて歌えなかった」とやや緊張気味に披露した、サイモン&ガーファンクル『スカボロー・フェア』、そして『アメイジング・グレイス』のカバー二曲に胸を打たれなかった人はいないのではないか。どちらもあまりに有名な曲であり、思い出や思い入れのある人もいるかも知れない。しかし、どこまでもまっすぐに高い天井へ吸い込まれるように伸びていく声は、車谷さんの平和への祈りと感謝の気持ちが痛いほどに伝わってきた。ただ彼のことを思い、今日この日を迎えられた幸せに感謝する気持ちで全身が満たされた。

 

 カバー曲を含め、圧倒的な空気にただ身を任せるしかなかったが、本編最後の『天空の彼方』、そしてアンコールの最後を締めた『駿馬』で涙を堪え切れなかった。なんて優しさに満ちた歌、そして場所なんだろう。

 

遠い日の涙 すっと流れた 運命が見えた

天空の彼方 天空の彼方 天空の彼方へ(天空の彼方)

 

もうそんなに もうそんなに 悲しまないで 

そうだほら その調子 

もう少しそのまま もう一息 

そうだ このまま進め(駿馬)

 

 思わず胸に手をあてていた自分に、そうかと気づく。この歌もまた祈りなのだ。

 

 拍手で送り出した後も、心がなかなか現実に戻れなかった。それは自分だけでなかったようで、会場のあちこちでも放心したように座っている人や、「現実に戻りたくない・・・」という声も聞こえた。

 激しいリズムや大きな音はなくても、耳目を集めることが出来るということをライカは教えてくれると思う。大きな声で放たれたメッセージは、強いパワーで確かに伝わりやすい。しかしそうではない手法だってあるはずだと、過不足なく手元まで届けられる音楽で、彼は言ってくれている気がする。車谷さんの手の中で生まれては消えていくはかない音へ集中し、彼の気持ちへそっと寄り添い寄り添われるような感覚。音楽を挟んで、演奏家と観客が近しい存在になれると感じる。完全にわかりあうことは出来なくても、音楽が間にあるときは同志になれるような、心地。こんな時間が持てるなら、世界はきっと少しは変わるのではと信じられるようなひとときだった。

 


 最後に買ったCDにサインを入れてもらい、最後に握手と「また逢いましょう」という言葉を貰った。人生の大半という長い間ずっと憧れている人と再会を約束できることの幸せな重みと、同じ時代を生きて巡り合えたことにまた感謝せずにはいられなかった。


 必ず、生きて、また逢いに行きます。

DATS「Digital Analog Translation System Tour 2018」at. LIQUIDROOM 2018/11/10


f:id:yurivsky:20181112171215j:image

  自分にとって4回目のDATSワンマンライブへ行ってきた。

yurivsky.hatenablog.com

 WWWからWWW-X、そして前回は今年の5月にリキッドルーム。前回のワンマンと同じステージに挑む彼ら。ステージからはどう見えたのかはわからないけれど、客席からは変わったものと変わらないものがはっきりと見えたように思う。


 今回は「Digital Analog Translation System Tour 2018」と銘打たれたツアーで、アルバムを携えて東名阪を巡った。そのラストが、前回のワンマンと同じステージだ。奇しくも、それが決まったときには予想もしなかった大きな変化がある。メンバーチェンジとそれに伴うポジションチェンジ。このワンマンに先駆けて行われた、AAAMYYYとのツーマンフリーライブでもボーカルのもんじょーくんが言っていたけど、新しいDATSのお披露目の意味が強くあった。自分たちのホームである東京でのワンマン、期待と気合が高まっているのはステージに現れた時のメンバーの表情から充分に伝わった。

 

 結果からいうと、またすごくDATSを好きになれるライブだった。新曲だけでなく、既存の耳馴染んだ曲たちからも、足元から静かに興奮が駆け上るような瞬間があった。あ、今「かっこいい」を更新したと何度も思った。一曲目『Mobile』のイントロが鮮やかに空気を変えていった。今までよりもドラムが強く出て、一打毎に鼓動が高まる。何度もライブで聞いている曲なのにまだこんなにドキドキできるのかと、DATSの楽曲の強度に改めて驚くばかりだった。

 

 当然アルバムの曲を中心にライブは進んでいくけれど、既発曲も新曲も差がなくフラットに新鮮に受け取れたのは、全ての曲をこのメンバーで改めてイチから作り上げたからだろう。それは想像がつかないくらい大変で努力と覚悟がいる作業だったと思うけれど、それが『格段にパワーアップしたと思う』と胸を張って言える自信に繋がってて頼もしく、同意しかなかった。過去の否定ではない、そこにはこのDATSという場所を絶対に残したいという懸命な想いの跡が見えるようだった。

 

 本当はもっとウエットな気持ちになるかと心配していたけど杞憂だった。きっと名古屋と大阪の反応がよくて、本人たちも不安よりも手応えを感じていたからじゃないだろうか。過去のワンマンで「目の前のあなたにいいねと言って貰いたい」と話していた言葉がよみがえる。改めてワンマンというかたちでファンへ挨拶できた喜びに溢れててよかった。

 

 今回は入場した時から場内が矢鱈暗くて、始まった時も客入れの延長からするりと始まった気がした。はける時もアンコールの時も、何もかもが地続きだった。客席もステージも継ぎ目がないようだった。そして、誰か一人にスポットが当たることもほとんどない。記憶の限りではメンバー紹介でソロをやった時くらいだ。四人がほぼ同列に並び、同じ明るさで照らされているのは、それがメンバーがDATSであろうとしている意思のように思えたし、客席もみんな、この集合体がDATSなんだといってくれているようだった。私が思うDATSの一番好きなところは集合体としてDATSであろうとしているところだ。だからライブでも踊らせてくれるというよりも、踊ることを選ばせてくれるように感じる。もしかしたら、そこに物足りなさを感じる人もいるかもしれないけれど、強引にエモーショナルに引きずり込まずに、観客に選択肢を与えてくれるのも、優しさであり『らしさ』なのではないか。ダンスミュージックだからって、踊ることを強制されなくていいし、考えることを放棄しなくていいのだ。「ここまでは連れて行くよ、ここから先は自分で考えて決めて。よかったら一緒に行こう」といってくれているようで心地がいい。


 今までは緻密に織り上げた布を纏わせる様な、みっしりとした音源をきちんとステージの上で再生することに努め、会場をきっちり満たすような印象だったのに、今回はかなり人の手・遊びの部分を感じる。ツアー&アルバムタイトル通り「デジタル」と「アナログ」を行き来しつつ、観客との空気を読みながらライブを作ることに喜びを感じているのではないか。だから前は打楽器のセッションタイムが凄く特別なアトラクションに感じたけど、今回はそこへ入るのがとても自然に思えた。どちらにしろ最高に心躍る時間なのは間違いない。なんであんなに心地いいんだろう、あの時間。ドラムの大井くんが芯となり、他のメンバーも次々と呼応していくシーンはライブの山場であり、個性が垣間見えて心に残った。


 DATSいいバンドだなーと再確認するようなワンマンだった。あっという間だった。かっこよくて、スタイリッシュで、熱い。ダンスミュージックなのに、丁寧。デジタルなダンスサウンドから、アコースティック…アナログの面が強くなっているのを感じた。ベースが強くなった。大井一彌くんのドラムが凄すぎた。あんなに多彩な音が出せるのか。手元を見ているだけで全然飽きない。近くにいても耳が痛くならない、バランスをすごくとられているのではと思う。

 アンコールでやった新曲、テンポの速いビートとそれを追いかけるギターが疾走感を生んでて気持ちよかった。「お前が世界を覗き込む時、誰かもお前を覗き込んでいる」って歌詞が印象的だった。リズムも強いけど、ギターがすごく映える曲。反り返るギターの吉田くんと、ベースのはやぴを交互に見てしまった。

 

 まだ余韻が体から抜けていかない、幸せな時間だった。

 

細かい感想をいくつか思うままに羅列。
・大井くんが「Dice」でシンバル外してスネアに直置きして叩いて、そのあとBメロでシャン!と音を出してシンバルを投げ捨てた時ひええええって声が出た。出るわ。
・もんじょーくん『おねがいします』を噛んでしまい『大事なところできめきれない…』と苦笑してるのも微笑ましかったな。もんじょーくんは素直でありのままでいるフロントマンで、その自然体なところが魅力的。

・「TOKYO」やらなかったな~。大阪・名古屋もしなかったようだ。聞きたかった。試聴会で「この歌が好き。東京の人間が作る東京の歌が他にないから」と話していたたくやくんと、それを聞いて照れ笑いしていたもんじょうくんを思い出した。

 

ナタリーの記事、写真も綺麗でかっこいいです。

セットリストもこちらから抜粋させていただきました。

新曲、早くタイトル知りたい。

natalie.mu

DATS「Digital Analog Translation System Tour 2018」2018年11月10日 LIQUIDROOM セットリスト

01. Mobile
02. Memory
03. JAM
04. Netflicks
05. Alexa
06. Dice
07. Run
08. Health
09. 404
10. Interude
11. Session
12. 新曲(1)
13. 新曲(2)
14. Pin
15. Heart
16. Message
<アンコール>
17. 新曲(3)
18. Jane

各メンバーのツイート↓

 

 

 

 

www.youtube.com